タイトル画像

早生(ワセ)系タマネギを作るコツ?

2017.09.14(23:50) 330

神谷さんはこんなようなことを言っとったです。

10日おきに500倍でざぁーっと
 葉面散布していくといい。
 そぅするともっと早くデキる。
 それがコツ。
 早生系ならP208は10アール当たり
 3袋くらいで良いかなぁ。







タマネギ農家さんに対しての話の続きです。

やっとその話かぁーと思うでしょ。
(話聞いている方はもっと思います。
 記事見てるのは、それと比べたらキラクですよ。)


えっと、ここで求められるのは
とにかく早く出荷することです。

それで神谷さんは、
液肥を500倍に希釈した液を葉面散布すること
を奨めているワケ。

また、土づくりについては、
キラグリーンS元肥一発 でイケると言われたことがありますが、
ココでは、キラエース + P208 の
2種類混合を奨めてました。







キラグリーンS元肥一発 の方が簡単なのですが、
良品を作りたいのなら、この組み合わせの方が良いかもしれません。
土の状態 や 好み(価値観)にも寄りますがね。

P208の標準施肥量は
10アール当たり3~5袋なのですが、
早生系なら3袋で良い、言ってましたよ。


P208入れる目的の1つが、
リン酸 と カルシウムの補給なんです。
カチカチの保存が効くようなタマネギを作るわけでないから
そんな多くなくても良いよ、と
3袋を奨めたんだと思ってます。


あ、あと自分が思った早く収獲するコツは、直播ね、
だって、植苗する際、根が復旧するのに時間を要すだろうし、
神谷さんそうしてるし。

植苗で作っている農家さんに聞くと、
育苗がキモだそうです、ハイ。

タマネギ栽培の参考にしてください。
まだまだこれからですよね。
良いタマネギができることを祈っております。

楽農までの道


タマネギ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

Q & えぇ~(にんにく栽培)

2017.09.13(23:50) 329

植付時期が近いからか、
問い合わせが多いニンニク。

IMG_20170911_kamiya.jpg


神谷さんに聞いてきて、話を再構成しましたよ。

昔、一番大事なことを聞いたら
”タネ選び”だそうです。








さて、いってみよう!!



Q.ニンニク栽培の概要を教えて頂きたく。
A.ありゃ、10アール当たり
  キラエースを30袋、P208を10袋入れれば良い。
  そして、梅干し大(直径3センチ)くれぇのときが
  病気になりやすいから、
  そんときに300倍で葉面散布してやると良い。

  ⇒昨年聞いたときよりも、資材多めで
   P208は通常の2倍なんですね。
   昨年は500倍と言っていたので、
   当方、頻度1~2週に行っていたら
   それなりにできました。


Q.ニンニクは植付前に浸漬、植付後葉面散布した方がよいのか。
A.しないよりは、した方がいいなぁ。

Q.タネの浸漬は何倍でどれくらいの時間?
A.もともとニンニクのタネ自体に、
  殺菌効果があるのであまりやらなくてもよいが、
  300倍で1晩というところか。

  ⇒昨年は500倍と言っていたので、
   当方、参考にして、それなりにできました。

Q.葉面散布のタイミングや頻度は?
A.ニンニクが梅干し大(直径3センチ)くれぇのときが、
  一番、菌が媒介の病気になりやすいんだ。
  年明けのそれくらいになったときを見計らって
  その後収穫まで、週1回くらい散布すると良い。

Q.タマを大きくするにはどうすれば良いの?
A.葉面散布を夕方かけるんだ。
  植物というのは、夜に冷やしてやると、
  実をつくったり、糖を蓄えたりするから、の。


そして最後にニンニクを見せてくれました。



これ、指導にあたっていたニンニク。
 青森産だ。
 この白さ と 硬さ がなかなか
 マネできん。


言われてました。
実際触ったり、匂いをかいだりしましたが、
高品質は間違いなさそう。
(そして、こういうの見ると
 自分と比べて、凹むんだなぁ)

遠巻きに
黒ニンニクにして1個800円だ。
と聞いたかも、、。

ただ、これらを参考(鵜呑みにしても責任はとれないので)にして
良いモノ目指して頑張って頂ければ幸いです。

楽農までの道


ニンニク トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

スイカドロボー?発見しました

2017.09.12(23:50) 328

スイカドロボー?発見しました。

IMG_20170912_dorobou.jpg


(浜松市で頑張っている
 若い?タマネギ農家さん です。
 この日、勉強に来られました。
 裏作から、いろいろ資材を試して頂いています。
 ファンレター等は当方まで。)



定例会 で畑の見学もしているんですが、

IMG_20170911_suika_kusa.jpg

IMG_20170911_suika.jpg


スイカ畑の横の草むらに
ゴロゴロ自生しているのを見つけたのネ。
既にカラス襲撃を受けている跡も散見。


神谷さんの畑って広いから、
こういうことが多々ある。

それで他人の畑なんだけれども
気になって気になって、、
カラスに食わせるくらいなら僕らに頂戴よ、
と聞いたのが前日。


ところが、
あぁそうか。」と
是 とも 否 とものリアクション。

IMG_20170911_kamiya.jpg



そしてこの日。

やっぱり気になって気になって仕方がないから、
カラスが食べるくらいならください、
雨の中でも収獲してきて、
この人と分けるからさぁ~
(それに、この方に以前スイカやるって言ってたのに、
 ずっとノーリアクションなんですけれど。。)


っと頼み込んだところ、

おぉ、ありゃ植えたもんじゃない、
 いーよ。


と、ありゃ是のリアクションだよね、と
解釈し、ちぎって参りました、とさ。

IMG_20170912_suika4.jpg

IMG_20170913_5kiro.jpg

IMG_20170913_okiro.jpg




測ったら、5キロあったよ。

楽農までの道


スイカ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

9月定例会でした

2017.09.11(23:50) 327

IMG_20170911_teirei.jpg


9月定例会でした。
(写真NGだった方は連絡ください)

今回参加者は主に愛知県人。
1部、三重県名張からのご出席。
お集まり頂きありがとうございました。

書籍「《スーパー微生物》農法」を
片手に来られた方もいたなぁ。



神谷さんの話の前に
多少皆さまと雑談し、ざっくり聴衆を評価しますと、
 
どうも
自分の食べるものは自分で作った方がいい、
ということに、
共鳴されている方々ね。
(だからといって、
 自分の食べるものを全部自分で作るのは、
 無理だろうね、とも分かっている)


そして

・ラクに作るには、苦労を厭わない。

・健康になるためには、
 多少、不健康?、不健全?になることを辞さない。

逆説的?な
ってモノ好きな方(註:褒め言葉)たちでした。。。 



さて、神谷さんの話のうち、

私は、
ニンニク栽培方法
指導に当たられているキュウリ部会の成果状況?等が
興味深かったですよ。
 
集まられた方は
ライブでしか分からん?な感じで良かったと思います。
 

10月は祝日を外して、
第一月曜日の2(月)にしました↓
神谷さん定例会2017/10/2

栗拾いを実施で調整していましたが、
今のところ、神谷さんにお考えがあるようで、
”今年はやらん”とのこと。
(オーナーさんがそぅおっしゃったら、
 そりゃーできません。財産権ですから。
 ギリギリまで交渉してみますが、
 根性ないから、そぅ期待しないでネ)

経験的に13時開始で14時30分くらいから
質疑応答&きりもみ状態になるかと思います。

皆様からの参加表明、待ってまぁーす。
 
あ、会の内容もボチボチ、ブログ等にアップしていきますよぉー。

楽農までの道


アナウンス トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

ワシが皆教えた?

2017.09.10(23:50) 326

神谷さんはこんなようなことを言っとったです。

あの辺のウナギとコイの養殖は
 ワシが皆教えとる。








浜松市はウナギ養殖発祥の地であり、
100年以上の養鰻業の歴史があり、
おいしいウナギを育てるための技術開発を重ねてきて、
全国的にも有名です。

それをワシが皆といわれると
出たーッア、ホラかも、、なんですけれども。

なんてのかなぁ、

”皆”教えたのは、違うとしても、、
あの辺、、ってのも特定できないし、
何をどぅ教えたのかも、テンで分からない。

作ることに関しては来るならコイ!なんだけれども
それ以外だと、それこそ ウナギ のように
掴みどころがないというか。


もぅしばらく泳がせてみますか(笑)?

楽農までの道


山っ気 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
  1. 早生(ワセ)系タマネギを作るコツ?(09/14)
  2. Q & えぇ~(にんにく栽培)(09/13)
  3. スイカドロボー?発見しました(09/12)
  4. 9月定例会でした(09/11)
  5. ワシが皆教えた?(09/10)
前のページ 次のページ
前のページ 次のページ