タイトル画像

できるのなら逃げましょう?

2018.07.01(23:50) 619

6月月例会 の後で

神谷さんがこんなことを言っとったです。



何も持っていなかったら
 大丈夫だけど
 急所を知っているから、急所を。
 あったら倒しちゃうけれども。
 ナタを振り上げてくれりゃなぁ?
 ほりゃ逃げにゃいかんわ。









6/9の新幹線ナタ事件に触れてですわ。

昨今、同じ人間がやることとは思えないショッキングな

ニュースが多いですが、

そぅいうのももしかしたら、

食の乱れが要因の1つかもね、なんて話でした。

”人”を”良”くする書いて、食だし、

食べるということは命を頂くということだからね、



さてさて、
神谷会長、御年89歳は

これまでの経験もあって、

もし相手が武器を持っていないければ
急所を知っているから倒せるそうです。

すごくない?、

話している内容、なんか中学生みたい。

武器持ってなかったらお前なんか倒せる!!と。

お金を持っているから狙われやすいだろうけれども

このような気概があるので、大丈夫かなぁと。


いやいや、そんなことを書きたいのではなくて
発言の後半のことが書きたくて、
「この手の事件は逃げられるなら逃げましょう。」







きゅうりのスラッチです。


神谷さん、スライスのことをスラッチと言いまつがいているから、

そのまま引用。



次男はヒマだと

お手伝いしたがるんだわ。

親の許容力が問われていると、

ここは逃げずに対応。



自分は、お手伝いを申し出たときに

無下に断られたり

「遅いわ」なんて怒られたりしたことが

お手伝いしなくなった要因なのでね。

そりゃー、一人でやった方が早いし、正確だし、

ケガさせちゃったりしたらアカンし、

そんなこんなを考えるのもメンドーなのだけれども

対応しているつもり,,の偽善ダケでも。



人間のやることだから、

知らぬうちに傷つけてるだろうけれども

「やれる範囲で」ってのは自分の好きな言葉です。
スポンサーサイト


楽農までの道


山っ気 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<甘いナス? | ホームへ | 新旧切り替えは難しい?>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する