タイトル画像

健康な食こそ大事と信じる仲間づくり?

2018.06.24(23:50) 612

6月月例会 で

長年の神谷さんの友人である高山さんが、

えぇこと言っとったです。

メモ、メモっと。



この運動をして行かない限り、
 食べ物のところにたどり着けへんワケだ。
 カンタンで安いものがいい、
 こぅなっちゃう。
 女性の人はだんだん料理を作らなくなっちゃうし、
 そっからデキた子供はまた料理を作らへんもんで
 ほりゃー先生が怒っとったように
 農家は成り立たん、
 加工業者が儲けているだけであって
 病気もどんどん増えてっちゃう。
 こないだ殺人があったみたいに、
 まともなコトができやへんじゃん。
 脳が狂っちゃってるもん。
 かわいそうだけれどもどうしようもない。






この運動っていうのは、
健康でより良く生きていくためには、
健康な野菜を作ってそれを頂く、
免疫力を高めていくような食生活にこそ価値アリだよね、
ということを信じる仲間づくり、、
のことです、たぶん。

カンタンで安いモノがいい、って行きすぎた価値観では、
料理すること、野菜作りすること、
野菜を選ぶこと、
健康に生きていくためにちょっと勉強すること、って
手間でしかない。

カンタンで安ければ申し分ないけれども、
それが最優先ではない、
健康でより良く生きていきたいんだもん、
手間だけで終わらせず、良いと思ったことをやる、
そして同様の価値観を持つ仲間をつくっていく、

脳が狂っているのか(笑)?まとまらないですし、
全てに客観的データの裏付けなどとれないから

信じるか信じないか、なんだけど
そんなことが大事だよね。

信じるか信じないかなんで、宗教チックだけども

自分は割と無神論者だし、

税金払ってるし、喜捨を求めるわけでもない。
良かったら信じてください。





自畑のねっとりイモの様子です。

IMG_20180619_net.jpg


昨年はキュウリネットにつたわせてネットりイモだったんだけど

数に限りがあるし、絡まって後片付け大変ぢゃん?

竹に絡ませ最後に捨てるとラクと聞いていたので、

それを試してます。

放置だとなかなか絡んでくれないので、

先っちょを引っかけたりしてます。



えっと今回と先回は、場所同じ、つまり連作だわ。

前作のイモをあんまり食べなかったから、

芋切らずに、ゼイタクにそのまま植えちゃったけれど

今のところ、ここまで来ましたよ。


コンテナの上には樹々が茂っているのでそこにも絡みつき

後はネットりイモならぬ、捨て竹絡みイモがとれて

最終的に竹と一緒に捨てられれば、目標達成っすわ。
スポンサーサイト


楽農までの道


世の中 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<教える人がいない? | ホームへ | アトピーやアレルギーなどの予防に?>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する