タイトル画像

葉面散布液300倍希釈について

2018.05.28(23:50) 585

こんな質問来ましたので、
神谷さんに聞いてみました、ご参考まで。

IMG_20180410_kamiya.jpg

Q.昔、葉面散布液について
  1000倍希釈で栄養生長を促し、
  500倍希釈で生殖成長を促すって言われてたのに、
  最近、生育不良のときは300倍葉面散布するって
  言われてますよね。




  昔の捉え方でいうと、
  まったく栄養生長しない??からマズイと思うんですが、
  どう捉えたらいいんですか?

A.あぁ?元々の土の肥えさ加減によるんぢゃ。
  君等の場合は、だいたい500倍希釈で良いが、
  ワシ等だと、土が肥えているから
  300倍希釈くらいが適切なんぢゃ。

Q.土の肥えさ加減で希釈調整するってこと?

A.ウンウン。
  土が肥えているほど、葉面散布液が濃いほど効くんぢゃ。


Q.はぁ。
  (全然答えになっていない気がするんですが、、、)

A.ウンウン。
  土が肥えているほど、葉面散布液が濃いほど効くんぢゃ。

Q.(何に頷いているのか??そればっかりやん)

これが最強の矛(ほこ)、なんでも貫く、と言ってて、
これが最強の盾(たて)、なんでも防ぐ、と言ってきたから、
じゃー、その盾に矛で突いたらどうなるの??
ってのが故事成語【矛盾】が出てきた逸話ですが、
今回もそんな感じですわ。

そして、君等はあぁだけど、ワシ等はこぅなんだから、
場合によるって
なんだかウヤムヤにされた??って思うのは気のせい?

肥沃度によって調整をしなくちゃならんってのは
なんとなくそんな気がしてます。


さて、そんな矛盾な感じなんですが、

若葉の里2号希釈液をかけると

植物が元気になっている気がするんだなぁ?
スポンサーサイト


楽農までの道


葉面散布 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<グラウンドの実績? | ホームへ | ケイエヌ菌を用いて堆肥をつくりたいのですが、、?  >>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する