タイトル画像

昔のトマト?

2018.05.21(23:50) 578

5月月例会 にて
神谷さんはこんなようなことを言っとったです。



食べて、カラダにためになるものも珍しい。
 ところが今トマトってのは
 ジェイスリー、ウイルス、これに弱いんです。
 昔のトマト、ベージュってのは
 ものすごく酸っぱいからムシもつかん、病気もつかん。









トマトのことを言われているんですよね。

ベージュって知ってる?

もしかして昔は色がベージュだった?
それとも神谷さんの年齢のこと?
よく知らない私は、調べてみた。

強力米寿って品種なら
タキイさんにあったのね。

それを読むと、
1970年に発表された古い品種で、
タキイさんのトマトは
強力米寿 → サターン → 桃太郎
って感じで移り変わってったとのこと。

市場に出回るトマトのほとんどが青狩りし、
追熟で赤色にさせてるそうで
昔は味、風味がないトマトが出回っていたそうですが
現在は、各種苗メーカーが改良に改良を重ね、
青いまま収穫しても美味しく食べられるようになっているんだと。

このあたりの記述は、
イチゴ でも ブドウ でも モモ でも
5月月例会で沖縄の方に聞いた
バナナ や マンゴー も そうみたい。
完熟したものが良ければ
自分の お金 や 時間 を 使う必要大ありです。

で、青狩りしても甘く、、という弊害?が、
病害虫 と
神谷さんは言われているんだねぇ。
早い話、 自業自得 だと。


それでね
食味に関して、持論はほとんどが品種、
あとは 、肥料 や 収獲時期(充実度)で
決まると思っています。 

流行りも、自分の好きなのも甘いトマトですが、
自分で作って、自分で適期収獲すれば
だいたい満足。

甘くない、味がしないという、家族のクレームに対しては、

品種のせいにしてますわ。

申し訳ない、種苗メーカーさま。
スポンサーサイト


楽農までの道


トマト トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<自分でやらないから、クスリに頼ることに? | ホームへ | ご参考、キラエースの使い方>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する