タイトル画像

渥美のキャベツも?

2018.05.15(20:37) 572

4月月例会 にて
神谷さんはこんなようなことを言っとったです。



ところがマツクイムシでみな松枯れだ。
 防風林の効果はない。
 そこへキャベツを植えていく。
 昔は手植えだから大きな苗だもんね。
 葉っぱが動かんように覆土、鎮圧できる。
 機械植だと小さいまま植えるんだ。
 今の風は回るんですよ。
 台風の子どもですから、時計の反対周り。
 だから風に吹かれて根っこが切れちゃう。
 もぅ大きくならない。
 キャベツ1箱が5千円という相場でも、
 売りものがない。









以前取り上げた
”田原市のキャベツも安心ではない”話が
改めて聞けました。





覆土・鎮圧侮るなかれです。




吉良商店内のハウスを見学しました。

IMG_20180509_tenteki.jpg




浅くて底に貯水槽がある白鉢については
不調っぽかったのですが、
同じ潅水施設(”点滴”って言われてました)を
地植えのもの(たぶんメロン)に利用してました。

白鉢にしたのって、
土を作らなくても根域が狭くてもできるように、、
という思想だったけれども、
とりあえず、根域の制限をとっぱらったみたいです。
スポンサーサイト


楽農までの道


解読&翻訳? トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<午前中、日光浴びて皆勤賞? | ホームへ | 5月月例会でした>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する