タイトル画像

プロとシロートの蒔き方の違い?

2018.04.25(23:50) 552

3月月例会 にて、

神谷さんはこんなようなことを言っとったです。

プロの蒔き方とシロートの蒔き方と違うでね
 クロ―トは種蒔き機械といってね、
 2センチなら2センチ、その間隔でタネを落としていく。
 ワシがとうは自家用だから手で蒔く、
 するとタネをようけ使うじゃん、まずね
 皆、これは、、






吉良商店のハウスにあるホウレンソウなんか

見ると

ものすごーく、旺盛で美味しそうなのです。

IMG_20180312_ho.jpg

市場に出回るホウレンソウって

同じようなサイズなものの束になっている。


吉良商店のものは、サイズがバラバラ。


違いの一つは種蒔きの仕方にあります。



吉良商店の方のタネは、恐らくばら蒔き。

見た感じ時、その後適度に間引きしてそうです。



一方プロは均等に機械蒔きと言われています。



吉良商店ってホウレンソウはピッチどれくらいで蒔いてるんですか?

はたまたニンジンはどうですか?

なんて問い合わせあったことありますが、

上記のような答えになりまして、、

蒔き方は、あなたの目的に合わせた方がよろしいかと思います。
スポンサーサイト


楽農までの道


ホウレンソウ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<いっくらでも成るか? | ホームへ | 風対策エトセトラ?>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する