タイトル画像

キラエースのことかしら?

2018.04.22(23:50) 549

3月月例会 にて、

神谷さんはこんなようなことを言っとったです。



撒いておいて、そこにタネを蒔く
 ほぅすると自動的にムシもこん。
 うんうん、連作は絶対できる
 要するに植物が成長する電子、
 光が当たると起きるように
 それを今、実験やっている。





キラエース(もしかして新キラエース)の使い方説明です。



施肥してから、すぐタネを蒔ける。

とおっしゃってますが、

自分の経験的に言うと、発芽率良くないような。

乾燥気味になったり、分解されたりするからと思っとります。

できれば小さいタネはある程度時間を置いた方がよくてよ。

うんうん、連作は絶対できる、言ってますが、

それ以外の条件もあるのでなんとも。

わたしゃ”絶対”ってことは世の中に”ない”と

”絶対にそぅなってほしい”人がいるだけだと思っとります。

光が当たると電子が起きるってのは、

どぅ実験すれば見えるのか分かりませぬ。



さらに説明が続きまして



ちょっと置かないとできんわな、
 何でもできちゃう。
 それ入れたら、フカフカで歩けない。
 太陽当たると上に盛り上がってくる。
 そして草が生えない。
 ふんとにたくさん撒くと草は生えない。





うーん、おそらく、施肥してからすぐなんでも蒔いてできちゃう

ってまた言われてますが、

上記のようですので。

施肥してよく耕すとフカフカになるっていうのは、

多くの試した方がおっしゃります。

フカフカにならない方は、条件 や やり方が

まずいので是正された方が良くてよ。

たくさん撒くと草生えないかなぁ、

自分はよぅ言えんわーー。



こんな感じですが、

キラエース良かったら試してください。

フカフカになって土使う作業が軽くなります。
スポンサーサイト


楽農までの道


資材 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<新しい栽培品目? | ホームへ | 青ネギで風邪の予防>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する