タイトル画像

そこで連作障害につながるか?

2018.04.18(23:50) 545

神谷さんはこんなようなことを言っとったです。



普通だとそういうものを食わせんと
 生きれません。
 だからホテイアオイという自然の植物を
 池で増やいて、それが太陽の光を受けて
 栄養を作って、それが魚、、










さらに、







そういうのをエサの中に添加しないと
 生きることができん。
 土ん中もおんなじ。
 モノを作ると光合成、分解をして
 要するに要らないものを根から出すわけ、有機酸と。
 それを微生物に食べさせるかどうかしないと
 連作はできない。












3月月例会 の1コマです。

前の話の続きなんだけれども、、
これ連作障害の話につながってくるんだわ。 スゴイでしょ。












もぅ、長い道のりを、おかえりー、おつかれさまーって感じじゃない?

何度も聞いたことがある、
筆者が強引につなぐと。



「川魚の養殖についても

 抗生物質入りの飼料を食べさせないと

 普通は成立しないんだけれど、

 吉良商店の池ではもう何年も養殖している。

 それは、ホテイアオイという水質を浄化する

 植物を作っているから。

 それに太陽の力を当てて、繁茂させて、

 その根を魚が食って、という循環(食物連鎖)を作っているんだ。

 この生命の循環ってのは土の中にも当てはまる。

 作物は光合成しながら、

 不要なものを有機酸と一緒に根から分泌するが、

 この不要なものを微生物に食べさせたり、

 どうにかしないと循環が成立しない。

 この状態が連作障害なんだ。」





自畑の様子。

IMG_20180411_snap.jpg



神谷さんに、スナップエンドウの管理について聞いてみると

あ、スナップエンドウ?

 あんなもん、特になんもやらんくてもいい。

 今気を付けるのは、ウドンコぐらいだ。

 葉面300倍噴いておけば大丈夫。


とのこと。





収獲時期について、

早かったり遅かったりで固さバラバラになっちゃいますが

おかげさまで、今年はかつてないほど獲れてまっせ。

ありがたや~。

スポンサーサイト


楽農までの道


解読&翻訳? トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<天ぷらにも気を付ける? | ホームへ | 伸び伸びと生きたいなら?>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する