タイトル画像

今後のエネルギーどうするの?

2018.04.12(23:50) 539

神谷さんはこんなようなことを言っとったです。



原料は限りがある。
 最後はなくなっちゃう。
 今、ちょうど境にきた。
 これからね、人類はね、エネルギーは何でいくか、ってこと。
 石炭であろうが天然ガスであろうが限りがある。











さらに、









時代は電気自動車になっちゃう。
 そうすると、
 ガソリンと電気と何が違うかというと
 部品が10分の1でできちゃう。
 クラッチも何も要らなくなっちゃう。
 ところが悲しいことに、バッテリーがまだ
 200キロ分しかもたない。











さらにさらに、







そうなると日本の国も、国会の方も、
 猫も杓子も炭化。
 今、大きいの作ってる、
 そこの山のちょっと向こう。
 ってことはね、
 炭化と普通の燃料とどこが違うか
 例えばね、、











3月月例会 の1コマです。







時代が電気自動車になっても

エネルギーは要る。

ところが化石燃料ってのは有限、

そこで微生物と有機物による炭化燃料ってのが

注目されるようになる、、って

話が流れていったです。



つっこみどころ満載で、イチイチ検証している時間がない、、

けれど、

おんとし89歳?の方がおっしゃることだもん、

それだけでもスゲーなと思う次第。




IMG_20180410_greenball.jpg



神谷さんが言っていた、

「キャベツとレタスの中間の野菜」

というのを見せて頂きました。



「なんというタネなのか?

 出回っているのか?

 近いうち譲ってくれる予定はあるのか?」

聞いてみましたが

君らのようなシロートにはこういった品種は出回らん。

との回答でした、ハイ。



パッと見キャベツなんだけれども、

表面のしわしわ具合がなんとなくレタスっぽくも見えなくない。

ネットで見ると、グリーンボールともちょっと違うような、、

知っている方、教えてくだされ。
スポンサーサイト


楽農までの道


将来 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<質が良く、安いのは石炭? | ホームへ | 何か新しいことをやろう!>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する