タイトル画像

採算なんて

2018.03.09(23:50) 506

神谷さんはこんなようなことを言っとったです。

10アールで何千万円の利益になると
 計算に基づいてお金を貸すわけ。
 ところができなくなったらどうするわけ?
 今の花が全部そう。
 バラであろうが、シクラメンであろうが、
 カーネーションであろうが、
 全然採算がとれない。









2月月例会 の1コマです。

前の話の続き。

収入と支出の差である利益見込みでお金を貸すわけだが、
その収入自体が水物なんだよね。
実際に、花なんかがそう。
しかも若者のやることだもん。

ってことを言われてます。

役所の人も、営農の収益の値は
絵に描いた餅で
ウマくいくかどうかは人次第、
(役所には指導する力はない)って
おっしゃってたわ。


あ、就農を相談?した際に

年間収支を表にした営農モデルというものを
見たのね。






先の記事も合わせてまとめると
農業って継続的に利益を出すのが難しい産業にも関わらず、
国の施策としては一時的にお金を出すだけ、なの。

うーん、どうしたらいいんでしょうか。

つーか、現状を見るまでもなく
お金だけでは絶対に解決できないです。





野良仕事を、お金という側面だけで見ると見誤るぜ。

生きがいだったり、健康だったり、生活だったり、仲間だったり

いろいろあると思うんです。





クックパッドに載ってたからそれを参考に

懸案の味噌パン 作ってみた。



IMG_20180308_misopan.jpg




いやー、こんなもん作れんかなぁ思ったら、

先人の知恵をカンタンに借りられるなんて、

便利な世の中になったねぇ×2。



え?お味は、なかなかなのだけれども

”ソフト” で ”焼き色淡い” モードにもかかわらず、ちょい焦げ。

醤油もそうだけれども、味噌も焦げやすいっていうことを

忘れてたよ。



なので、そんなに味噌で食べたかったら

塗ってからちょっと炙った方が良いかも、と

思い



味噌パンからは撤退だ―

と訣別しました。

スポンサーサイト


楽農までの道


世の中 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<昼夜を問わなくなったから? | ホームへ | 補助金も>>
コメント
コメントの投稿