タイトル画像

大企業の農業参入?

2018.02.10(23:50) 479

神谷さんはこんなことを言っとったです。

部品が10分の1になっちゃう。
 だから10年過ぎると農業は
 トヨタとか日産とか大きな会社がやる。
 もぅ間違いない。









1月月例会 の1コマです。

えっと、の続きで
自動車も動力が化石燃料から電気に変わると、
より安全になることから
部品点数が10分の1になって、
結果、技術的な難易度が下がり、
マネされやすく、価格も下がってしまう、と。
それで、10年過ぎると
トヨタ とか 日産とか 大きな会社が
農業に参入する、

と言っています。














うーん、達観の神谷先生には


10年後の姿が見えるのかもしれませんが、
凡人のワタシには、もっと先のことに思えるんだなぁ。

開発余地、エネルギー、農業参入におけるメリット
とか個別に見ても

自動車って、例えば自動運転のような
高度な制御/サービスにおいてまだ開発余地はあると思うし、

エネルギーも電気だけではないし、

農業参入において
お金 や 時間 を かけてまで
ドラマチックに刷新できるかって、というと

ねぇ?

ただ、採算性とかある意味あまり気にしなくても良いような
年金ももらっている就農者が減って
野菜の価格が乱高下してくると
どうしても必要な部分から
徐々に機械化は進んでいくとは思うよ。



自分で作れる人は、
野菜の価格をそぅ気にしなくてよいので
気持ち的にも栄養的にも安定していることでしょう。







冬越えハウスの風景です。

IMG_20180205_house3.jpg




IMG_20180205_house2.jpg




主力は、キュウリ、大玉トマト、ミニトマトですかね。


IMG_20180205_house4.jpg



これが一株で何十も収獲できるカボチャだと思います。

立体栽培で、受粉作業もして、最後に片付け、、か思うと

タイヘンさに尻込みしてしまいますが、

それをもあまりある、メリットがあるのでしょう。

スポンサーサイト


楽農までの道


世の中 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<越冬害虫が? | ホームへ | ロボット活用だけじゃなく>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する