FC2ブログ

タイトル画像

日本ではじめて硝酸態ゼロ?

2018.01.17(23:50) 455

神谷さんはこんなようなことを言っとったです。

日本ではじめて硝酸態ゼロ?
 農薬は一切使わない、
 それができたから
 ちょっと説明だけしようかなぁと思って。








IMG_20180117_keizo1.jpg


IMG_20180117_bunseki.jpg



月例会の一コマです。

えっと何が言いたかったかというと、


黒ニンニクの北村さん経由で始めった
伊勢のお寺さん(恵蔵院)での空きハウスを使った
ホウレンソウ栽培が実を結びそう、


ということです、ハイ。


どういう結果かというと、

恵蔵院の和尚さん、神宝農産というところが力を入れて
無農薬栽培、販売していったおかげで
共鳴した鳥羽の老舗旅館戸田屋さんが
買ってくれる契約をしてくれるところまでこぎつけた、

とのことです。



日本ではじめて硝酸態ゼロ


なのかは、文章もちょっとおかしい気がするし、

その場の説明では分かんなかったです。



いやね、事務所で
資料をもって説明しないと
 皆、何も覚えんで帰っちゃうから

とあらゆる人に指示して騒がしく探させていたら
灯台下暗し
神谷さん席にあったんですわ。

それでひと段落 、話が始まり

コピーを回されたれたんです。

話 と このコピーをみた限りでは
どこが大事なのか分からず。

回している最中、
「硝酸態窒素って何よ?
 チッソって良いと思っていたのに悪いの?」
なんていう方もいて、、

その答えに
どんな肥料にも含まれとって
 もぅそれなしには農業は回っていかんもんぢゃードーン
」 

なんていうもんだから、会場はカオス。

そりゃ何も覚えんで帰るわ、、って感じ。


すごいでしょ、

もぅ回す方も回される方も
タイガイなんすわ。

これだけ読んだだけでも
月例会来たくなるでしょ?ねぇ?



関連するモノを冒頭写真に載せておきました、ハイ。




本編の人の質問
「硝酸態窒素ってナニ?」
に回答してみます。


硝酸態窒素ってのは
植物が使う窒素化合物成分です。


植物って窒素化合物から
タンパク質などを合成するんですわ。

有機態⇒アンモニア態⇒硝酸態⇒亜硝酸態

等分解などの変化によって
態が変わるんだけど

硝酸態のまま植物体内にためこんだものを
口にすると
発がん や 酸欠 の恐れがあるんだって。

なんてのかな、
様々に態を変える窒素化合物は
植物には良いのだけれども
この中間生成物を人間が口にするのはよくないってことだけ
覚えておいてください。






ではどうすれば人間に害が少ないかと言うと

・良い肥料を使う
・肥料の効き目が少なくなってから収獲する
・心配なら食べる前に熱、湯を通す

ということです。


良い肥料って何よと聞かれると、


キラエース」って書くと、

何だか上品でない気がするから


あんまり臭くないヤツを使うと良いですよ。
スポンサーサイト


楽農までの道


解読&翻訳? トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<硝酸態窒素結果に思ふ | ホームへ | 自家製〇〇のススメ>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する