タイトル画像

南無妙ホウレンソウ ~ その1

2016.11.27(23:55) 38

IMG_20161115shima.jpg




伊勢のお寺の方で、ホウレンソウ栽培の立ち上げに赴いたらしく、
追加の問い合わせに忙しい、神谷さんでした。

こんなようなことを言っとったです。

あぁ、あそこの土地は△△だから、××、
 ◇◇の区割りにしたんだ。
 えっ、水?、タネ蒔いた後はあまり水遣ってはアカン。
 タネ蒔く前に1日潅水させるんだ。 
 3本でXXXグラム、
 今は、縛らんとそのまま袋に入れれば良い。
 どういうホウレンソウか明記するんだ。
 根が赤くて、鉄分が多い、がんの予防にもなる。
 そういうホウレンソウを作ればいいの。
 5センチ間隔で播種機で蒔きゃ良い。


電話終わってからさらにこんなことを言っとったです。

タネ代は1反4000円。
 ホウレンソウは割と安いんだ。
 畝の立て方等はケースバイケース。
 土づくりの最初なら、1反につき、
 キラエース50袋、P208を10袋入れるといい。




イメージが大切です。

どんなモノを作るのか、
それを元に栽培方法を組み立てる。

と同じようなことを聞いとるなぁなんて。

ただね、ブログ書くようになって、
言う側の気持ちも何となく分かるようになってきた。

100人に言ってその通り、いや、それ以上やるのって数人。
スルーしたり、忘れたり、他のことをしたり、
その通りやったとして、定着するのに時間がかかったりで、
毎回同じようなことを言う必要あるんです。

お話を聞いてそんなことを思いました。



先日、動物園行ってきました。
プレーリ―ドッグを見ながら、
「あ、小松菜の芯、残しとるぅ」って長男。
「たぶん葉が好きなんだねぇ。硬いからねぇ。
 でも茹でると、芯、美味しんだよ。」
なんて、応じました。
どうしても子どもに野菜を食べさせようとしてしまうなぁ。
スポンサーサイト


楽農までの道


ホウレンソウ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<南無妙ホウレンソウ ~ その2 | ホームへ | ちょっと気づいたハウスのハウツー>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する