タイトル画像

雨ニモ台風ニモ負ケズ?

2017.08.12(23:50) 297

神谷さんはこんなようなことを言っとったです。

〇×して、土をつくっておけば、
 雨がいくら降ってもぐちゃぐちゃにならない。






好熱菌を主体とした資材で
土づくりをしていれば
雨がいくら降って、水がすーーっと抜けていくので
水がたまらず、沼のようになることはない、と
おっしゃってます。



サテ、
実際に、台風の3日後に圃場を訪れてみる。

IMG_20170810_mizuhake2.jpg


圃場は、車が止められるところよりも
高台に位置するので
ドキドキしながら登ってみると

IMG_20170810_mizuhake1.jpg


こんな感じ。
あんま、変わんねぇでやんの。

ちょっと踏んでみると
ぐーーーっと沈んでいく。
雨が降ってから、土を起こしてなさそうだから、
フカフカに盛り上がった状態であったことが明らか。



自分のところも盛り上がりを感じるが、
到底及ばない。

違いは以下かなぁ。

1.盛り土である。
 高台に位置するというより盛った土なので、
 普通より水ハケが良好。

2.バーク堆肥が主体っぽい
 山砂があったところに、
 バーク堆肥を大量に入れたような気がする

3.資材もものすごく入れてそう
 実際に見たことあるが、
 キラエースとか大量に投入しているんだろうなぁ。

 2.3は、直近のコストを気にすると
 フツーの人はマネはできない。


到底マネはできないですが、
バーク堆肥 や キラエース を 混ぜることで
フカフカの土に近づきますよ。

スポンサーサイト


楽農までの道


土づくり トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<成らせないといけない? | ホームへ | 塩も飛ぶ?>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する