タイトル画像

成分表記と合わせた野菜販売?

2017.04.19(23:55) 181

神谷さんはこんなようなことを言っとったです。

野菜を売るときに、見えるところに、
 成分表記するんだ。
 野菜買うのはだいたい女性だが
 昨今の女性は、大卒が多いから、
 見るのは値段だけじゃない。
 普通の野菜より値段が3割高くても、
 栄養価が倍あれば、それは高くないよな。
 価値がありゃー、買うわな。







あ、ここね、コンテナを改造した詰所なんすわ。
神谷さん、アリモノ利用、リサイクルの達人。
このコンテナに、山梨、長野、静岡の方々を
詰めコンデナ、力説しとったんダナ。
ここで皆の頭もリサイクル?なのか?

要するにぃー
いつもと違うものを選んでもらう
ちょっとした工夫をしよう、
一度買って、食べて頂いたら
何人かは、良さを分かってもらえるもん、
ってことですかね。

具体例として、野菜って
多くの人が、見た目 と 値段 だけで
価値判断 して安心しているわけですが、
そこに、栄養価はどうなの? という
不安要素をつけよ、ということです。



よくよく考えてみれば、
健康につながる食べもののことだから
栄養価の大きいものが金銭的に高い気がするんだけれど
今ってそうなっていない、と。

基準が、見た目 と お金 だけ。
見た目が美しいか、お金を持っているか、
だけでお付き合いする人を決めているようなもの。
あなたはそうでないでしょ?
性格 や 味わい 等、基準は多々あるはず。
それを思いだしてもらう、と。



ただね、ただね、これ、実態を伴っていない。

神谷さん、自分の作る肥料については
成分をバーンと開示しているわけでないもん。

ぶっちゃけると、”演出”だよね。
へぇ何だかすごそう、で試して頂けるし、
そのうち価値観を何となく理解しようろしてくれた方が
引き続き使っているんだと思うよ。
(CMのようでやんなっちゃうけれど
 演出 は やっぱり大事と思うのだよ。
 だって、栄養価 や 味 も試してもらってこそ、だもん)

だからあなたなりの演出をしてくだされ。
演出の一例としての”成分表記”だけど、
あなたはあなたで、すっごいのを考えてちょー。
スポンサーサイト


楽農までの道


世の中 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<ギッシリ、ホウレンソウ? | ホームへ | しおれて、水遣り、を繰り返すとダメ?>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する