タイトル画像

半作

2017.02.22(23:55) 125

苗屋さんがいたのか、
神谷さんはこんなようなことを言っとったです。

IMG_20170213_kamiya.jpg



苗半作と言ってな、(中略)。
 ちまたで出回っている苗は、品質が良くない。
 柔らかすぎるんだ。病気にもなりやすい。
 タネにウイルスが入ってるんだ。
 タネの中のウイルスを切る処理してやらんとあかん。
 (中略)
 ウイルス病は、人間でいうとガンのように多い病気だ
。」


良い作物を作るには、、って遡っていくと、
良い苗、
良いタネを選ぶ、ということになります。

ウイルス病のことをよく知らない私ですが
ウイルスを切りたい?からなのか、
神谷さんの農法の中で、
希釈した液肥に浸漬するというのがあります。

浸漬すると、水分が増すからか、
殻が柔らかくなるか、これまた分からないですが、
発芽 も その後も 調子良いような気がします。

後半、急に
「人間2人に1人がガンで死ぬ」の話に
すっ飛んじゃったんです。
こういうことかなぁと、強引にこぢづけちゃいました。

以上、中途半端なブログ半作でした。
スポンサーサイト


楽農までの道


解読 トラックバック(-) | コメント(5) | [EDIT]
<<てがら | ホームへ | 苗業者に土を卸しとる>>
コメント
キラエースを買わせていただいたものです。ブログ、いつも楽しくよんでいます。
隔月刊やさい畑に、VA菌根菌が野菜の根に侵入すると免疫が増すとあるので、若葉の里にはその菌が含まれているんですかね~?
【2017/02/23 03:27】 | ルース #- | [edit]
良いコメントをありがとうございます。
共生率とか試験を行っていないので
何とも言えないです。
限定的な条件での成果に対し、
この手の試験って、ハードル高いような気がして。
例えば、500倍の希釈液を3L作るのに原価で3円なんです。
それで、使ってみて調子良いので自分は使ってます。
手間でなければ使ってみてください。
【2017/02/23 09:49】 | 管理人 #- | [edit]
なるほど、確かに菌根菌は定量的に計測するのは難しそうですね。農的に栽培結果を比較することはできても、農学的、生物学的な観点でその根拠を菌達に求めるのは一人じゃできないですね。研究室だったら、一挙に土壌菌のDNA解析とかするのかなぁ。いやぁ勉強したいこといっぱいありますね(笑)ありがとうございます。
とりあえず今年は苗の浸漬やってみます。
【2017/02/24 02:04】 | ルース #- | [edit]
コメントありがとうございます。
理系の方ですか?
熱心でありがとうございます。
モチベーション維持に活用して頂けるとありがたいっす。
ちなみに、簡単に検査できないかと思ってネット検索したら
岩手県の取り組み(菌根菌の観察)?が出てきました。
http://www1.iwate-ed.jp/tantou/kagaku/h24_seibutsukiso/File/pdf/h24_0404_2_19.pdf
いろんな生物がいて、共生してこの世界が成り立っていることを
感じられたら、優しくなれると思っています。
【2017/02/24 10:49】 | 管理人 #- | [edit]
資料ありがとうございます!
理論解説のところ、真剣に読んでしまいました笑 高校の頃は物理化学を選択していて、しかも名ばかり理系なので、すこし勉強するだけで新鮮な驚きがあります笑 菌根の観察してみようと思います。まずは、根粒のついた細根を探してみます。

確かに優しくなれますね。人間も植物も他人(微生物)と共生してるなんて。

こんなコメントに付き合ってくださる方がいて、ほんと頑張れます。ありがとうございます。おやすみなさーい┏○ペコッ
【2017/02/25 00:27】 | ルース #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する