タイトル画像

タマネギの追肥

2017.03.22(23:55) 153

神谷さんにタマネギの追肥の件を聞いてみました。

へぇ、雨の前にキラエースを2袋ほど打たせた。
 グロなしのところだよ。
 グロの方は流れんから追肥ナシにする。


へぇってのは"早く"、聞かれるより早くってことで、
グロってのは黒マルチのことで、
神谷さんの見立てでは、(今年の成長を見る限り)
黒マルチあるところは肥料の流亡がないだろうから追肥なし、
マルチがないところは、タマ肥大を狙って追肥した、
と思うよ。



tama1.jpg




タマネギ畑を見せて頂きました。
黒マルチ栽培で、畝間は管理機をかけた跡がありました。

許可受けたと思しき方がpHを測っていましたよ。

IMG_20170313_tama2.jpg



余談ですが、この手の測定器って
測り方によって水分もpHもよく変わりますね。
あくまで参考値ですな。

pHは4~5。
植えられてたところは微増してましたが
酸性なんです。
(タマネギは酸性土壌だとうまく育たない、
 言われますが、そうとは限らないみたい)



土はバッテリー発言のところで
キラエースを50袋 と P208を10袋入れた、
言われてたので、
キラエースだけだと強酸性で
タマもそう大きくならん?ような気がするから
このP208が重要だと思っています。
スポンサーサイト

楽農までの道


タマネギ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

ネギもタマネギも

2016.12.01(23:55) 42

神谷さんは、こんなようなことを言っとったです。

ネギ、タマネギも、だんだんできんようになる。
 リンやカルシウムを吸収できなくなるんだ。
 ●●●なら暑くても吸収できる。
 ネギも、今年、新しい品種を開発している。
 アメリカの作物は●●●で、穫れ過ぎるのが問題だ。
 ただ、燃料にも使うようになったから、値は下がらん。
 作物の●●●は、日本で許可されないが、
 肥料の●●●は、特に規制がない。


穫れる人は、吉良有機 を反当たり、1000袋入れる。
 1袋に良質のチッソ、リン酸が一キロ含まれている。
 計画的にやる、社長があまり動いてはいけない、
 穫れる人は、この2つを守っている。




どうもマユツバというか、検証できていないので
●●●という表現にしました。

ネギや、タマネギは程度が緩いけれども、
連作障害がある、と言われていたような。。

この連作障害っていうのは、
連作することにともなう作物の人が感じる弊害って
定義しちゃうと、ボクの頭を悩ませる。

作物の残渣、根、根がいた土壌が悪さをする、
作物に付随する生物が悪さをする、
はたやそれらの複合要因等、
原因がいろいろあると思うんだわ。

この場合の神谷さんは、
リンやカルシウムなどが吸収できなくなる、
以前には、確か、
アルカリ性の弊害、みたいなこと言われてたかな。
(検証度合がイマイチなので)

神谷さんの連作障害対策は、
資材を大量にぶちこんでよく耕す、
あるいは、長時間潅水するとお見受け致しました。

複合要因だから、リセットする意味なんだろうね。


はてさて、そんなタマネギですが
吉良商店で定植中なのを見せて頂きました。

IMG_20161115t1.jpg


穴の開いてない黒マルチを使用。
植穴を開けて、植えてます。

IMG_20161115t2.jpg


ちなみに、自分の足サイズは27センチだから
株間は15センチくらいでしょうか。

昨年の自分の比較実験だと
ホールマルチよりも
自分で小さな穴をあけたマルチでの方が
成績優秀。
黒マルチの下にできたタマネギは
風雨の影響が少ないからか、良い出来栄えだったよ。
今年は、ホールマルチ使うのはやめようかと思ってます。

これは、本日定植できなかった苗。

IMG_20161115t3.jpg


よく例えられるのが、
「鉛筆程度の太さのものを定植」なんだけど
ホームセンターで見かけるようなものって
鉛筆よりも細くて、断面が扁平なんです。
鮮度の問題なのかもしれないけれど
わしゃ、鉛筆もそうだけど、断面が丸っこい方が好きだな。
今年は、台風のせいか、苗が不作で
こんなリッパな苗はホームセンターでは売っていません。

余った苗は、こうやって圃場横に
借り植えしておくと良いです。

植えてすぐ枯れちゃったり、欠株することってありますよね。
そんなときに、あーら不思議、
蘇らせることができます。

っていっても、
余りを植え直すだけなんだけど、ね。


楽農までの道


タマネギ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

タマネギを3か月で栽培?

2016.11.14(23:55) 25

IMG_20161107d.jpg




土づくりをした畑にタマネギを植える そうで
神谷さんは、タマネギについて
こんなようなことを言っとったです。



今植えてあるのはタマネギの早生。
 中生(なかて)、晩生(おくて)って品種が違うが、
 晩生(おくて)なんてのは、ここらだと2月に植える。
 ニンジンの跡地に植えるんぢゃ。

とのこと。

「えっ、2月っすか?
 年越しが当たり前だと思ってました。」
と慌てて聞くと、

そんな顔するな、例えば碧南なんかだと割とあったけーんだ。
 あのなぁ、畑においとく時間が短かいほど
 世話がなくて良いだろ。

とのこと。

「それで収獲は何月なんですか?」
とさらに聞くと、

5月には収獲できる。
 タマネギってものは、
 トウ立ちには気をつけないかん。



神谷さんの話はここまでです。

2月植えで、5月収獲っつったら、
3か月で作るってことぢゃないですか?

普通、タマネギって、9~10月に播種、
10~11月に植苗して、
翌3~6月に収獲するんです。
タネから考えると、6~9か月かかるのね。
それを3か月、半分以下で出来る言うから、
ビックリするじゃん。

でもね、そんな作型なんて、ネット調べてみても出てこない。


だから、想像。
そのようにやろうと思ったら、まず育苗に気を遣うかなぁ。
キラエース で多少、暖かさを出せるとしても
2月って、かなり寒い。
いわゆる根が動かない時期なので、
暖かいところで育苗、
植え付けに際しても、黒マルチを張って、
暖かい日を選んで、と気を遣わないといけなさそう。
ビニルトンネルは必須じゃないかな。
暖かくなってきたら、開閉が必要かもしんない。

そんなこんなを考えると、今の自分には
決して簡単じゃないだろうから、及び腰なんだな。

3か月でできるのなら、畑の回転率は上がります。
その気の方は、チャレンジしてみて。

以下は、9月蒔き翌2月収獲狙い種蒔き風景↓





楽農までの道


タマネギ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タマネギ
  1. タマネギの追肥(03/22)
  2. ネギもタマネギも(12/01)
  3. タマネギを3か月で栽培?(11/14)