タイトル画像

硝酸態を消すには?

2018.02.20(23:50) 489

「今入っちゃっているもの(≒硝酸態)を消すには?」
と問われ
神谷さんはこんなようなことを言っとったです。

仮にお宅の畑でやったとして、
 今まで硝酸態の肥えをやってたとして
 硝酸態は出ちゃうんだ、
 元々土の中に入っちゃってるから1年2年止めてもね。
 それを消すのに60年かかっちゃった
。」






~ 

1月月例会 の1コマです。

自分の意訳。

「今まで硝酸イオン濃度の強い肥料をやっていたとすると
 土壌 及び 作る作物に 硝酸イオンが出てしまい
 なかなか消えないんだ。
 それを消すために、これまで60年研究したと言っても良い」

えっと、神谷さんは
「硝酸態」とよく表現するけれど、
土壌や食品分析に出てくる用語だと「硝酸イオン濃度」です。
吉良商店の資材を使った、食品分析だと
この値が異常に低いのです。

自分の知る「硝酸イオン濃度」ってのは
窒素化合物が微生物分解されていく中での
中間生成物で
動物が摂取すると毒になるモノです。
ECの値と相関があるらしいし、
自分の中では「要らん化学物質」というくくり。

これを消す、減らすには、、って
かつてブログに書いた通り。











ゴミ問題と同じだけれども
まずは出さない、要らんモノを足さないってのが
対策の一つです。




キラエースを初めて使いたいんだけれども
どうすればいいの?
という相談を受けます。



いやー、本当はこぅいう質問ってのも

どんな作物をどのように育てたいのか、

その人の価値観の影響を受けるもんだから

掘り下げていく必要あるんだけれども

そんなこと意図せず気軽に相談するもんだから、

まぁ気軽に以下に書きました。

良ければ参考ください。

===========↓===============↓==========================

キラエースを使って初めて野菜栽培する人に

1.種蒔き・植付2週前くらいから2.を始めてください。

2.露地なら5坪に対しキラエースを半袋、
  プランタなら用土中の2割を目安に撒き、
  よく混ぜ合わせてください。

3.1週間経ったら、また混ぜ合わせてください。

4.1週経ったら種蒔き・植え付けてください。

5.種蒔き後なら本葉が2.5枚、
  植え付け後なら勢いが欲しい時に、
  土表面に残りのキラエースを適当に撒いてください。


水遣りとかその他の管理は、
自分なりに頑張ってみて。

1~5を行っただけで、樹勢がスゴイとか、
食味が良いとか何か良い兆しがあれば、
ご縁があったと思って、自分なりに情報収集し
栽培ライフを楽しんでください。

液肥の土壌散布とか、葉面散布とか、
種や苗の浸漬とか、
神谷さんのワザって、もぅいろいろあるんだけれども



いきなりマニアックなところをやっても面倒で、

失敗したら目も当てられません。
1~5がキホンで、興味があればで良いです。

===========↑===============↑==========================

スポンサーサイト

楽農までの道


土づくり トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

光合成生物を使って、言われても

2018.01.09(23:50) 447

神谷さんはこんなようなことを言っとったです。

光合微生物を使って土をつくるんだ




だいたい農の達人たちの著作を読むと、
「土つくりがキモ」
なんて書かれてある。

そぅ書かれても
結局深いところ分からず、
どうしたら良いのかも分からずです。



神谷さんは土づくりについて
キラエースを入れ、何度か土を起こしてやる」
なんて言われる。


最近、
「むしろ混ぜない方がいいんじゃないの?」
というような問い合わせを頂く。
「混ぜて、良からぬことが起こったということ?」

なのでしょうか?


年を追うごとに土が良くなっている感じがする自分が思いつくのは、
混ぜ方にムラがあったり、播種や植付の直前に施肥し混ぜたのでは?
ということ。

というのは、
昨年はニンジンの尻割れが多かったんです。
直前にドカッと入れたからでは??と推測しているから。

混ぜ方も十人十色だから、
几帳面な人は混ぜの有無で比較し、
ナシの方が良かったら
ナシで続ければいい思うよ。

ただし、土表面に置き肥するのは止めた方がいいかな。
土表面にあるということは、
降雨により流亡しやすいし、
風で飛ばされやすいし、
鳥などがついばみやすく、
実際に土に効く量が減っちゃうから。

年を追うごとに土が良くなっている感じがする自分なので
植付直前でも良いが、できれば2週間ほど前に施肥するということを、
長年一定量ずつ積み重ねてこそ効果を発揮していくと思います。

とは言っても、
土の中のことを定期的に観測し数値化したわけでもなし。
自分の感覚的な意見。

まぁ、細かいことは分からないんだけれども、
後は、

"光合成微生物がやってくれるさ"、

と彼ら任せにしてます。


IMG_20180105_haku2.jpg


話は変わりまして、
自畑のハクサイ畝の様子です。

人にあげたり、食べたりで残り2株になりました。


IMG_20180105_haku1.jpg




中途半端に巻いてますが、
これまた中途半端に先っちょを紐で縛ってます。

昨年はハクサイ巻きにくかったかも、
自分もそうだし、周りからもそんな声聞くわ。
なずなの会の会報を読むと
昨年は陰暦で秋の短い年だったので、
早めに植えるのが正解だったみたいよ。

なんにしても寒くなってから
鍋とかに入れると美味しいよね。
特に芯のところが甘いっす。
自分で作ったものなら喜びもひとしお。

是非、ご自身で作ってくだされ。

楽農までの道


土づくり トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

Q&え”-(庭土の改善)

2017.12.21(23:50) 428

IMG_20171211_kami2.jpg


こんな質問来て、神谷さんに聞きました。
皆も一緒に考えてみよう。

Q.じめじめした落ち葉や小枝が堆積した
  土壌なのですが、
  飛び石があるところもあり、
  水路を掘ったりといった土壌改良はできません。
  こんな場所でも菜園を楽しみたいのですが、
  何か方法がありますか?


A.面積10アール当たりに対し、
  キラエース25袋を撒き、粗く土を起こす、
  とにかく、光と空気に当てることが必要なんだ、
  だから粗く起こす、
  凹凸が多い方が、光や空気によく接するだろ、
  撒いただけではあかんくて、撒いて起こすんだ


知っている人にとっては、
もぅそればっかりやん!
なんですけれども
「キラエースを25袋撒いて何度か粗起こしする、以上。」
なんです。

ホントは乾いた土壌の方が肥料の効きが良いのですが、
質問の方によれば、どぅにも無理っぽいとのことなので、
こんな答えになりました。
単に、じめじめの改善なのであれば
物理的に溝などを掘り、

水路を作った方が効果が早いかなぁと思います。



類似の問い合わせは下記に↓





楽農までの道


土づくり トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

天地返しした方がラクなのか?

2017.12.13(23:50) 420

月例会の際の、スタッフさんと会話。



「連作障害とか避けるために、
 有機肥料でしっかり土づくりっていうのもありますが、
 例えば、連作障害になった土でも
 ユンボとか天地返しするのなら
 そんなのもあまり気にしなくて良いですよ、ラクですし。」



と言っとったです。



実際それっぽいことやっている。


IMG_20171211_tenchi.jpg



我々のようなユンボ等重機を使うにも敷居が高いなぁと思っている
小市民には、
”ラク”と言われてもピーンと来ないが、、

どうにも作らないといけない方にとっては
1選択肢なのでしょうね。

10年スパンでできることが数日でできるなら、
時間がかからない、という意味で

ラクということなのでしょうか。

とはいえ、やっぱり敷居が高いので
自分はできる範囲で、土を作っていこうと思っています。

楽農までの道


土づくり トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

空気も水も通りやすいこと

2017.12.06(23:50) 413

神谷さんはこんなようなことを言っとったです。

土の中にミネラルがどれだけあるか、
 それから、空気を通せばよい土なんだ。
 したら水が動く。


 









良い土のことを聞いてみました。

良い土ってのはミネラルがよくひっついている。

そして、土の粒々の間に間隙があって、
空気をほどよく含んでいる。
だから、上から水が侵入しても
すぐ水を吸収し、下部に通すことができる、
と言われているようです。

水がいつまでも存在する、
特に目に見えるところでは
水たまりになると、
良からぬ生き物たちが寄ってくるし、
夏は煮える、冬は凍るといった
植物には過酷な条件を作り出してしまうと思います。

そんな土をどうしたら、作るか、ですが、、、

一つはキラエースを施肥して、
乾いたときに、何度か耕すことでしょうか。

まずは良い土を知ることもいいので、
上手な人のところを見に行くのもよろしいかと
思います。

次の見学会は、12月11日(月)です。

この会ですが、神谷さんが興味あることを話し、
時と場合によって質疑応答が行われる場合があります。
具体的な目的があって、答えがあるわけではなく、
神谷さん本人を見たい、聞きたい、
または何かしら栽培のヒントを得たい、
農事におけるモチベーション維持に活用している方が
ほとんどです。
そこを了承頂き、来たい方はどうぞ。

楽農までの道


土づくり トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
土づくり
  1. 硝酸態を消すには?(02/20)
  2. 光合成生物を使って、言われても(01/09)
  3. Q&え”-(庭土の改善)(12/21)
  4. 天地返しした方がラクなのか?(12/13)
  5. 空気も水も通りやすいこと(12/06)
次のページ
次のページ