タイトル画像

煽られるより野菜の自作

2017.11.13(23:50) 390

IMG_20171106_kai.jpg


神谷さんはこんなようなことを言っとったです。

自動車も電気自動車が主流になれば
 部品点数が減るし、構造が簡単になり、
 日本車の優位性が崩れかもしれない。
 日本人は、人件費の上でコスト高だから、
 価格競争では勝ち目がないし。
 そうなった場合、日本は何で稼いでいくんだ?
」 



11月月例会 の1コマです。

当方、前職が自動車関係ですが、
流行りの燃費改善活動については、
冗談が通じないくらい、すさまじかったかなぁ。
部品点数が減るっていうロジックは、
エンジンがなくなるから、ってことでしたけれど、
いやー、そんな単純なものでもなく、
流行りの方向、例えば今なら、
自動運転など高級な機能にシフトされていくでしょうから。

ただ前々から、
「自動車は今に売れなくなる、
 売れなくなったらどぅするんだ?」
上層部から言われていたので、
同じ上層部ならきっと言っていそうです(笑)。
その時は、
「うるせーな、わしゃ技術職だから、転職でもするわい。
 それ考えるのがおめーの仕事だろ!」
と憤りを感じたものでした。
この手の煽って問題定義する発言って
エライ人の特徴っすかね?

だから、ハイテク農業で稼ぐ、
今までの農業ではないよ、
流通が、デパートからスーパーそしてコンビニに
変わっていったように
農業も変わっていくから、
という風に流れていきました。

まぁ未来のことは分からないからね。



そういえば、前職で
「健康になれる車づくり」なんて言葉もありましたが、
イマイチ、イメージ沸かないんすわ。


健康になれるというなら、
健康に留意して作った野菜を美味しく食べる方が、
シンプルな気がします。

それは未来でも変わらない思うし。

煽られてもいいけれど、
自分で野菜作るってことは良いことですよ。
スポンサーサイト

楽農までの道


世の中 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

一般野菜と分けてしまう?

2017.11.07(23:50) 384

神谷さんはこんなようなことを言っとったです。

栄養価を分析し、その栄養素が人間の体内で
 どういう作用をするかを大学等に
 表示してしもらう。
 そして一般野菜と分けてしまう。
 今はキュウリなんかは10アールで
 年間40トン取れちゃう時代なんだ。









11月月例会の1コマです。

これだけ聞いても分からんので補足します。

今は少ない農地でだって、
ゆうにその界隈の人間を食べさせるだけの
収量を上げられる。
ただ、栄養価がまったく違うのに
同じ野菜名だからといって
同じ価格で売られている。

消費者の中で、
購買権を有しているのは高学歴の女性で
そういう方に栄養価を見て買ってもらえるように、
第三者である大学等にしっかり分析、
評価してもらって
一般野菜 と分けて売るようにするんだ。



へぇ~。
意識の高い方では
値段だけにとらわれずに、
選ぶことが始まってますが
この流れを加速する、と。

「ハイ、がんばって!」
と言っておこう。


IMG_20171106_kabu.jpg



長生きしていたカブトムシですが
11/5にお亡くなりになりました。
11月まで生きるんだとビックリでした。
ウチの一員として特に子どもを
楽しませてくれてありがとう、合掌。

楽農までの道


世の中 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

捉え方大事よ

2017.11.01(23:50) 378

今回は、

捉え方大事よ

という話を書きます。
ウマく書けないので長いです(笑)。



鑑賞用の花への葉面散布について
専業農家の方に聞かれたことがあったね。

神谷さんに言われたように
液体自体が黒く、色がつくから、
 止めたほうがいい。



「葉だけ、選択的にかけれればいーですけれど。。」

なんてこの方に伝えると

「アホクサ、葉だけにかけることなんか
 できないじゃん。
 実(み)のなる植物も、実にかかったら
 見栄えが悪くなるけど、それはどうすんだって。」

とちょっと悪態チックにおっしゃったんですわ。

おっしゃることはごもっともで、
最初は葉(芽)だけれど分化して
花や実(み)になるのだから、
色がつくのを気にするなら
葉面散布しないのが正解なのは自明。

この方ね、
神谷さんには直接悪態をつかないのに、
伝聞だと悪態をつくのだ、一事が万事。

「実については
 キレイに拭くなりして店頭に出せばいいじゃん、
 キレイな方が経験的に売上上がりますよ」
「そして、アホクサには掛けない方がいいよ。」
と言おうと思ったが、
また悪態チックに言われるのが嫌だったから
黙っちゃったんすわ。


というのもこの方、
今後検証するんだという意志が中途半端なのか?、
お金を出して資材を買っていたから
当然やる、すなわち実施検証すると思いきや、
検証が中途半端で
それ以外の理由で栽培が滞ってしまい
検証できないから、当然何も分からず、
できなかったという結果だけ出して
終わるのだった。


だから、今後何かを聞いたとしても、
てきとーに始めて、てきとーに検証して
というように進んでいくだろうなぁと想像した。
(その方のことが全く分からないから想像です)


一方ね、専業で利益率トップのAさんは、
神谷さんにどんな話を聞いた後も、
「ほぅほぅ。理屈はだいたい分かった、
 あとは実証だね。」
なんて神谷さんの面前でおっしゃる。
神谷さんを信用していないとも思える発言を
面前でするもんだから
当然、今後自分なりに検証するんだろうなぁと
私は思ったのね。
 


どシロートのワタシでも
前者については、今後も何もモノにできないだろう、
と思ったのに対して、
後者について、きっと何かをモノにするだろう、
と思わせたのさ。
検証前の段階でだよ。



何が言いたかったかというと、
検証するという意志なのか、
検証が中途半端だと何も分からないですよーということ、
もぅ少し、やる/やらないの判断に
重きを置いて、
決めたらその通りやることが大事ですよー、ということ。

さらにさらに

言葉や態度に出ちゃうから、
前者よりは後者をサポートしようなぁと
第三者は思う

ということは、


その人の作るモノを買ったり、
その人の成功に関わる多くの人って
第三者だから、


後者のような捉え方及び対応の方が
得だよね。


ここまで考えて、
自分も前者的な反論を探してしまうところがあるけれど、
検証は自分なりにしっかりやろ、、と
思いを新たにしました。



IMG_20171030_kyuri01.jpg


秋キュウリ撤去することにしました。
本当にたくさん種類があるけれど、
今の自分、条件では無理だなぁと。


楽農までの道


世の中 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

教えるのも大変

2017.10.17(23:50) 363

神谷さんはこんなようなことを言っとったです。

休耕地と若者があって
 せっかくだから農業をやらせようと思うが
 農業を教える人がいない。
 ウチでも同じ。
 ウチの孫だと農業はやれない。
 農業を仕込もうとすると
 今度は、嫁さんが、畑を一緒にやってると
 朝から晩まで文句を言われることになる。







9月定例会の1コマです。

生業にできる農業ってのは、
とくに”教える”のが難しいよ、と理解しました。

植物を見ながら、、っていうのが
経験を有するし、
手順/作業も勘や習熟を必要とする、
そういった手順/作業を慣れないうちは
身内であっても、やかましく言うことになる、
すると言う方も、言われる方も嫌になっちゃう、

なんてのが想像のつくところです。


昔は、管理する/される の 主従関係が当たり前だったけれど
今は、教える/教えられる と 関係性が緩くなったのも
ありますかね。
農地の必要性、価値も下がっていったというか。


昔は、農家の長男の嫁には絶対なるな、
なんて言われてましたよね。

農地って、家で保持していく資産、
家内制農業、身内で管理という意味合いが強く、
嫁として新参で入ってくると、
とにかくやかましく言われ、
仕方がない、我慢が美徳って世間だったよね。

今は、嫁/子の忍耐について、世間的に緩く、
離婚にも寛容になったので、
今まで通りの押し付けならば
立ち行かなくなるのは致し方なしです。

先日、大きな畑を管理している方(♂)に
長く続けるコツを聞いたら
「嫁に手伝ってもらうところを限定させる。」
「嫁に手伝ってもらったら、決して文句は言わない。」
と言われました。

身内の理解あってこそ、ですな。

今日も明日も、身内の理解があり、
栽培を続けることが出来れば幸いです。



IMG_20171013_ninniku.jpg


今年もニンニクの植え付けしました。
昨年と比べ、準備期間短か目。




秋雨前線来てて、今後1週間くらい晴天なかったから。
50片くらい選出し
植付前に数時間300倍の液肥に漬け
途中雨が降るなか植付完了。

この50片も、かつてはニンニク2袋から始まった。
毎年、食べ残しを植え付れて感謝です。


慶蔵院さんは、この千倍植えつけたらしい。
黒ニンニク用でしょうな。


楽農しよう会のトップページ末尾に
お仲間 への リンク を 貼り付けました。
プロで試されている方、
愛好家?の方々、
大御所(既にプロとして何年も使われている方)
くらいで分けて貼ってみたよ。

励みになるので良かったら見て、
リンク を クリック してちょ。

楽農までの道


世の中 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

人件費ってデカいよね?

2017.10.07(23:50) 353

神谷さんはこんなようなことを言っとったです。

割と経済発展が進んできた中国でも
 まだ大卒で月給が5万円なんだ。
 他の発展途上国なら1万円未満なんだ。
 そんな国と競争しないといけないんだよ。








機械化されていない農作業をやっていると
農産物ってほとんどが人件費だなぁなんて思います。
感覚的にいうと、コストの中でも人件費って桁が違う。


これまた感覚的な話ですが、
輸送費などを考慮にいれても、
大量に扱えば
人件費の安い国と比べると、コストでは太刀打ちできない。
と思います。

では、日本の農業が世界と戦う上で
どうしたらいいかというと、
海外ではできないこと、
質を高めることで勝負するんでしょう。

はたまた、家庭菜園など生業としないところでは、
コスト度外視で、良品を作るのでしょうね。

質を高めるということについて、
キラエース等は貢献できると思います。

化学肥料や農薬で永続的な産地が危ぶまれる中、
有機肥料で頑張っています。
少なくとも神谷会長の在職60年中、改善を続けています。
心なしか、大産地の中の方で試される方が多いのも実情です。
良かったらお試しください。



さて、話は変わりまして
干し柿について、大きな吊るし柿を
セミドライして冷凍保存しています。父が。

IMG_20171003_hosigaki.jpg


私の住む名古屋市では、
気温や湿度の関係で
よくあるように白い粉をふく形には仕上げられず
適度に吊るし水分を抜き、凍らせて保存、
暑くなってからシャーベット?として食べるわけです。

今年は秋口まで楽しむことが出来ました。長男が。

見てくれが良くないので、市場性はなく、
しゅーみーの世界ですな。
でも、最近、吊るし柿用のもの高いよね。
前述のコストのことを踏まえ
父や私の人件費で考えれば、超々高級。

長男の残りものを食べながら、
もぅそろそろ
店頭に並ぶなぁーと思ったまで。

楽農までの道


世の中 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
世の中
  1. 煽られるより野菜の自作(11/13)
  2. 一般野菜と分けてしまう?(11/07)
  3. 捉え方大事よ(11/01)
  4. 教えるのも大変(10/17)
  5. 人件費ってデカいよね?(10/07)
次のページ
次のページ