タイトル画像

チッソ、リン酸、カリの匂い?

2017.05.24(23:55) 217

IMG_20170515_kabu.jpg


神谷さんはこんなようなことを言っとったです。

私はチッソ、リン酸、カリの匂いを出させないことを
 研究しているんだ。
 それらの匂いにつられ害虫は来るのだけれど
 匂いがなければ、近づけないはずだから。








ムシっていうのは
視覚より嗅覚が発達しているモノだと、自分は思っています。

と偉そうに書いてみたけれど、
息子と観ていた、カブトムシの教育番組で
夜行性で眼が見えにくいにも拘わらず
なぜ樹液を効率よく探せるのか、
それは嗅覚が発達しているからだよってのを
へーーーって見てただけ。

感覚って生存するために、発達してきたところがあるから
その感覚を逆に利用しちゃえってのは
防除の基本的な考え方。

にしても
チッソ、リン酸、カリの匂いってどんなんだろうね?
ムシよりも嗅覚の弱い人間のやることだから、
嗅覚を数値化、測定した方がよさそうです。
酒気帯びの呼気検査を思い出したけど、
匂いって空気中に拡散するもの、
何だか、とんでもなく面倒くさそう、
イヤ、大変な気がしてきました。
神谷さんの研究に任せよ――っと。


さて、チッソ、リン酸、カリで思い出したけれど、
美味しい作物を作ろうと思ったら、
それ以外の要素、が効いてくるのかなぁ、
なんて自分は思っています。
名水といわれる美味しい水は、微量要素が豊富だしね。




キラエースキラグリーンS吉良有機
3者で比べると、
キラエースって3要素の含有率が最も少ないんですわ。
キラエースで作った作物が一番美味しい気がするんだけれども
それ以外が効いているのかなぁと、自分は思ってます。


こういうことを書くと、
資材が(勝手に)作ってくれるみたいだけれども
それなりにお世話も要りますから、
微量要素よりも アナタ という要素の方が効きます、ハイ。
スポンサーサイト

楽農までの道


害虫 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

2017.02.28(23:55) 131

IMG_20170213_kamiya.jpg




神谷さんはこんなようなことを言っとったです。

大きいムシってのは、被害は限られとる。
 アザミウマやスリップスなど
 目に見えないムシに対する農薬が高いんだ。
 それでいて、効かない。
 農協(営農部門)なんかは肥料とかでなく、
 農薬や除草剤で稼ぐんだ。
 そっちの方が目方がないのに高くできる。


前聞いた~♪ って話ですが、、
人間っていうのは、忘れやすいのでご愛敬。




アザミウマは、英語でスリップスというみたいよ。

葉や実など食害する害虫は、
 葉や実の表面に農薬をかけておけば、
 それを食べたら死ぬ。
 しかし、汁を吸う害虫だと、それでは効かない。
 また奴らはウイルスを媒介する。


と語気が荒かったです。

浸透移行性の薬剤でないと
効きにくいということでしょうか。

どちらかというと私、クスリ嫌いなので
右耳から左耳でした。


楽農までの道


害虫 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
害虫
  1. チッソ、リン酸、カリの匂い?(05/24)
  2. (02/28)