タイトル画像

データ管理?

2017.10.16(23:50) 362

神谷さんはこんなようなことを言っとったです。

ほいで、農協は土も調べている。
 土が悪かったらダメだもんな。
 土の分析も一緒。
 今年たくさん収量が出ても
 土が悪ければ来年に収量が減ってしまう。
 土壌分析結果、収量、坪単価、皆データを取っている。
 部会メンバーは80人もいるんだ。






9月の事務所での風景です。

前の続きで、一方的な話が進んでます。
内容は、キュウリ部会の取り組み。

”ほいで”って分かる?
三河弁の『それで』です。
一回カウントしてたことあるけれど
めっちゃ使いますから。

ほいで、
もろもろのデータを共有し合い、
生産に活かす、と。






ほいで、部会メンバー80名中の
収量 と 坪単価 で 
指導に当たった方がトップに輝いたみたいです。
そりゃ、スゴイわ。
一方的に話したくなるかも。

土壌分析結果はとるものの、
対策は各人任せな感じですが、
技術的に底上げされるというのは
結果が教えてくれます。

ほいで、神谷さん、
それくらい取れすぎると暴落が起こるんだよ。
言われてました。

ちょっとレベルが高い話だけれども
経営を安定させるのは、
めちゃくちゃ努力を要するようです。


IMG_20171013_imo.jpg


掘ったサツマイモを乾燥させてます。
お仲間の写真見て、
やることは似たり寄ったりだなぁと安心した。

神谷さんとこだと、
雨除けあるところで数日放置し表面を乾燥、
後は、穴倉にドサッて入れて
もみ殻かぶせて保存してた思うよ。

自分とこは住宅事情的に敷地ないから、
数日乾燥させ、新聞紙でくるんで
段ボール入れて保存予定です。


ここ数年は、もみ殻かぶせてたけれど、
イモ探すのに時間がかかるのと、
家の中にもみ殻がこぼれ、汚くなり
(嫁に怒られる前に)掃除が必要になるから
今年は新聞紙でやってみるよ。
水分が無駄に飛ばないことを期待してます。

今でも美味しいけれど
気温が15℃以下、
ちょっと寒くなってきてから
ちょっとずつ出して食うと
甘味増進するからね。
寒い時に、ホクホク、アチチって
食べると情緒的にも美味しいからね。

本編で、キュウリの市場暴落についてふれたけれど
家庭菜園だと、収獲のたびに、
「あぁもぅ、たくさん食ったでいいわ。」
って家族のニーズ的暴落は起こるんですわ。
だから保存して、小出しにできるものを
優先して作った方が良くてよ。

食味アップのため、キラエースを使ってね。




楽農しよう会のトップページ末尾に
お仲間 への リンク を 貼り付けました。
プロで試されている方、
家庭菜園で試されている方、
大御所(既にプロとして何年も使われている方)
くらいで分けて貼ろうと思ってます。

良かったら見て、励みになるので
リンク を クリック してちょ。
スポンサーサイト

楽農までの道


キュウリ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

今後のキュウリ栽培

2017.09.25(23:50) 341

昨日の続きです。


4.今後のキュウリ栽培

キュウリを例に話そうか。

曇りや雨が多いと
樹勢が強すぎて、実の付きが良くない。
樹は元気だが、人は元気がない(笑)。

実が付かないから樹が弱らず、
ツルが伸びるから吊り下げていくのに忙しいが
収入が上がらない。

ツルなんてもんは、実の付きに関わらず
伸びていくもんだな、ってのがよくわかる。


多くの人がそんな風だけれども、
そういう時こそ、人による技術の差が出やすい。
下手な人は、経費以上に稼げないから
辞めていくより仕方がない。


流行りのキュウリは、
雌花のつき、ウドンコに弱いが
これを強くする新しい液体を開発した。

使うと雌花の色が濃くなってくるんだ。
まずはプロ向けにしか出さない。
酸性で守るのかって?
pHは4くらいに調整している。



IMG_20170919_rakka.jpg


ネットのトンネルの中身は

IMG_20170919_hakusai.jpg


恐らく、ハクサイです。

楽農までの道


キュウリ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

今夏までのキュウリ

2017.09.23(23:50) 339

昨日の続きです。


2.今夏までのキュウリ


今流行りの品種は、
褐斑に強く、長期獲りに適するものだが、
初期の雌花のつき や ウドンコに弱い。
全ての要素で良いものってのはないんだね。
ウドンコというのは、バカにできないもので
ちょっと出てきたら、気を付けて防除を続けないと、
何かの拍子に一気に蔓延してしまう。

それでね、
1反で年間経費が300万円要るんだ。
1反が300坪だから、1坪1万円、
坪1万円以上稼げないと、赤字なんだ。
そこを加味して設計しないといけない。

収量をとろうと思えば
固体、吉良有機をたくさん使えば良いが、
坪単価を上げるんなら液体だからね。
部会メンバーは生産データを共有していて、
結果が物語っている。

今一番取る人は、年間の反収が41トンだ。
農協の共選で37トン、あとはそれ以外。
その人は一番、吉良有機を使う。

坪単価が一番高いのはその人じゃない。
液体をよく使う人。
液体ってのは、即効性があるんだね。
皆が取れないときに取れるよう
狙っていくことができる。


神谷さんの落花生ではなく、自分の落花生。
実はちゃんと自分で作るのはじめて。

プロの方に収獲し頃を聞くと
「開花から85日と言われるが、
 花もどんどん付くし、試し掘りするしかないね。」
とのこと。
なのでホリホリ。

IMG_20170921_rakka1.jpg


こんな感じ。
このホリホリは、ドキドキ と 達成感あるね。
イモより掘りやすいのもいーです。
こりゃ楽しいや、タネくれた人、ありがとー。
IMG_20170921_rakka.jpg


頂いたものより油っぽい香りが濃厚。
こりゃ、小動物は気になって掘りたがるだろーね。
もう少し大きくできるかな。
塩茹でしましたが、めちゃくちゃ軟らかい。
うーむ。
もう少し時間たってから順番にホリホリしま~す。

楽農までの道


キュウリ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

天候には勝てない?

2017.04.27(23:55) 189

キュウリ部会の視察にて、神谷さんは
天候には勝てない
とぼそって言っとったです。




他にも
ベトがなくならない?
 ダコニールでもあかんか?

言われてました。
ベト病対策のことだと思います。
ダコニールという農薬を、
葉面散布 か 土壌灌注 用の液に
混ぜて使われているんだと思います。


農家さんは
「やっぱ手前の方が良いなぁ」
と言われていましたが、
手前 と 奥 の違いが分からず、説明できず。
こりゃー、すごい収穫量だろう、と
良い感じなんだけれどね。
もみ殻が敷き詰められていて
「以前は滑って転んで大変だった、ははは」
言われてましたよ。

例年なら半袖を着て作業するんだけれど、
今年は寒いそうです。
うん、今年は寒いね。
タケノコでも昨年の2~3週遅れという感じか。

あ、神谷さんのハウスは、内張外して
天井にビニルダクトがありましたが、
見学したハウスはいずれも内張したままで、
ビニルダクトはありませんでした。
下が神谷さんの同時期のハウスね↓。

IMG_20170413_k_house.jpg



管理する広さと量、万一寒さでやられでもしたら、、、等の
管理者の許容度の差かなぁ、なんて思いました。

楽農までの道


キュウリ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

安いのは先生のせいじゃない?

2017.04.15(23:55) 177

キュウリ部会?の尾行 しました。

ハウス横の詰め所で
神谷さん(以下、K)と農家さん(以下、N)、
こんな掛け合いしとったです。





K「今しがたは、キュウリ作りどこも好調だろ?
  天候、特に温度が良いからだ。
  技術の差が出ない。だから相場が安い。




N「あん、確かに収量は今年が一番いい。」

K「5キロいくらだ?1,500円?
  もう少ししたら上がる。


N「別に無理に喜ばせなくてもいいよ(笑)。
  今後下がらなければ御の字。  
  1,200円切ったらやってられない。
  相場が下がっても経費は変わらないから。」

K「見たらわかるでしょ、今の時期のキュウリじゃない。
  桜でも、ちょっと咲いて、雨降って、また咲いている。
  こんな時期でも満開なのは、初めて。
  例年と比べると、朝の温度が低いからぢゃ。
  こんな年は、苗は小さくなる。
  天候には勝てない。


N「あん、安いのは先生のせいじゃないよ(笑)。
  しっかし、やっすいと見向きもしないのに  
  高くなってくると、買うなぁ。」

K「同じ天候は二度ないんだが、ヤマを当てにいかなアカン。
  (相場が高いときに収獲のピークを持っていく)
  安いと、カラダが重くて、溜息しか出んわなぁ。
  高くなってくると、朝、勝手に目が覚める。
  ハウスに行きたくてしょうがなくなる。(笑)


N「朝3時にも目が覚めるわな(笑)。」

K「みんなできんのに、
  自分だけピンピンしとらんとな、●●クン(笑)
。」

と言って、●●さんを覗き込んで笑いを誘う
神谷さんであった。
もういっちょ頑張ってみようと思えば幸いです。

農協の共選での話ね。
5キロ1500円っていうのは
名古屋本場市場 青果物概況表を見る限り
ホントそう。

本来、需要と供給で市場価格が決まるんだけれど
人間の感情 や 時間やお金の余剰 があるからか、
需要も供給もエスカレートするってのはあるね。

後は、キュウリに限らず、いつものようでしたが、
やや栽培に関する話が多かったです。
余裕あって、怒られなければ、
詳細は後日あっぷ。

楽農までの道


キュウリ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
キュウリ
  1. データ管理?(10/16)
  2. 今後のキュウリ栽培(09/25)
  3. 今夏までのキュウリ(09/23)
  4. 天候には勝てない?(04/27)
  5. 安いのは先生のせいじゃない?(04/15)
次のページ
次のページ