タイトル画像

今後の一般的な栽培

2017.09.24(23:50) 340

昨日の続きです。


3.今後の一般的な栽培

台風では、風がすごかったけれど
これからの気象は曇りや雨が多くなる。
温度が高いのに日照が少なくなっていくんだ。


そうすると育ちがよくない。

例えば、最近蒔いたダイコンが
虫食いだらけになっているのを見れば一目瞭然。
大きくなるのに時間がかかりすぎる結果、
虫食いが目立つ、
虫への耐性が減るというのもある。

だから、これからの野菜ができにくく、
価格は高くて、まずくなっていくんだよ。
経費分を稼ぐのもままならない。



では、少しでもそうならないよう、
どう対処したら良いかというと
地温を下げないために、肥料をたくさん使うんだ。

食味については、心配ない。
ウチのコエ使う人は、
だいたい食味が良くなったっておっしゃるが、
これからは、もっと甘味を上げる、
肥料原料のリンの質をもっと上げるから。

施肥量については
1反につき、キラエース25袋のところを
30~50袋、場合によっては3倍使っちゃう。

と私が言ったところで
すぐやれる人は少ないんだ。

それまでに効果を実感していたり、
自信がないと、すぐ動けない。

なんで分からんものに
2、3倍もコストを負担せにゃ、、と
みんなできんなら自分もできなくても良いわ、
と思うんだな。

皆と同じであっても
経費以上に稼げないってことは辛いことなのにね。


IMG_20170919_shodoku.jpg



土壌消毒中のハウスを見せてもらいました。

冬越え用の苗は10月に定植予定とのこと。
「周りと比べて遅いですね?」と問うと
「私は、農家に余りの苗をもらって植えるんだ。」と答え。
「お金持ちなのに、ケチだなぁ。」と思っていたら
「一緒、もしくはそれより落ちるものを植えないと、
 いろいろ聞かれても分からんだろう?」
とそんなようなことを言われとったです。
スポンサーサイト

楽農までの道


天候 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

最近の気候 と ハウス

2017.09.22(23:50) 338

冬春主力のハウス栽培の方が
集まって、神谷さんと雑談してました。

4つに分けて、主に神谷さんの話として書きます。

1.最近の気候 と ハウス
2.夏までのキュウリ
3.今後の一般的な栽培
4.今後のキュウリ栽培



1.最近の気候 と ハウス

ここ最近の台風って尋常な風でないでしょ。

九州って大きな産地が多々あるが、
その被害は甚大だ。

台風って運しだいのところもあって
紀伊半島に方角行っていたら、
こうやってゆっくり話すこともままならない。

昨今、ハウスのビニルに、
ポリを含んだ頑丈なものが出てるが、
ビニル を重視するか、 鉄骨を重視するか、なんだ。

どういうことかというと
ビニルがある程度で破れないと
大風に吹かれたときに鉄骨が曲がり、
壊滅的な打撃を受ける。
そういうときだけビニルを切りに行けば、、と思うが、
切ろうかなんて迷っているヒマがあれば台風はそれるものだし、
ヒマがなければそのまま鉄骨がいっちゃう。

それで鉄骨が壊れるようなときは、
復旧の需要があがるから、すぐに直したり、
建て替えたりするのができない。
今回は、そういう被害に遭った後に、
頼んだ苗が来ちゃったという目も当てられない人も
いるんじゃないかなぁ。

ビニルの張替も職人さんがいなくて、
手早く、安く、やってくれない。
昔は、鉄骨にまたがって張ってくれたもんだが、
今は慣れた人がいないと、張替用の足場を組むことから
始めるんだよ、
とってもコスト高になってしまう。
ある程度自分でできるに越したことはないね。


神谷さんの落花生畑がこんな風になってました。

IMG_20170919_rakka.jpg

IMG_20170821_rakka.jpg


8月末はこんな感じだったのね。

「もう収獲しちゃったんですか、
 早くないですか?」

聞くと、手をクルクルして、

あのねぇ、畑ってのは
 どんどん巻いて(≒蒔いて)いかんとあかんの
。」
とのこと。

試し掘りしたばかりの自分だったから、
なんだか目がクルクル回る。

楽農までの道


天候 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

連想ゲーム?

2017.05.26(23:55) 219

IMG_20170515_shukai1.jpg


神谷さんはこんなようなことを言っとったです。

二酸化炭素が多くなると、
 大気に蓋をしてしまうんだ。
 すると、夜になっても冷えにくくなる。
 水の温度が上がる。
 雲と雨が多くなり、台風などどんどん大きいものができる。
 集中豪雨が多くなる。

 




そればっかりやん!と、わしゃー
耳にタコができるくらい聞きました。





しかもね、コレ、
「水を軽くするって言われているのは
 どういうことなんですか?」
についての答えなの。
スレ違ってるでしょ。

君たちね、水っていうのは、
 非常に重要なんだよ。
 生物のほとんどが水でできている。
 みな水というものを研究しないかん
。」
から始まって、
そしてね、水というモノは
 温度によって重さ、というか、
 状態が(徐々に)変わるんだ。

になって、
なんでぇ?水っていうのは
 温度が上がると軽くなるだろう?
 そしてじゃんじゃん雲ができるんだ。
 最近は、二酸化炭素が多いというのが
 問題になっている
。」
につながっていったのさ。


連想ゲーム?
合間合間に違うことも入ってくるし
初めて聞く人は当惑する思うわ。



さて、冒頭の発言について
細かな要因とかは、そうかどうか分からない。
夏が暑くなり、気象変動が激しくなり、
とにかく風が強くなって、
栽培初期の風除けが以前よりも必要度が増したかな、
自分の場合。

皆さんはどぅ感じますか?

このような環境下で自分の望むものを作ろうとすると
気象変動に負けない土づくりが重要になってきますね。
で、やっぱ キラエース は、土を作って、
作物を頑健にすると思うよ。

楽農までの道


天候 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

洪水注意報?

2017.01.25(23:55) 97

IMG_20170110_a.jpg



神谷さんはこんなようなことを言っとったです。


電気もガスも便利なもの使うと元に戻れん。
 ありゃー元を正せば原油、だから二酸化炭素が増える。
 二酸化炭素が増えると雲が増えるから、洪水も増えるよ。
 日照が届かないと根も張らんもんだから
 洪水の被害は、今後もっと大きくなる。





えっと二酸化炭素増加に伴う、温暖化、
そして雲が増えることは、前にどっかで書いたと思います。
それで天候変動が激しく、雨が増える、
豪雨が多くなる、と。

日照が届かないと、根が張らないっことは
前に書いた、
「植物は 地表を境に 相似形」
で説明つきますね。





に加え、自然破壊で洪水への耐性が下がっている、と。

何しろ、覚悟という意味で、耐性上げ、
できることをやっていきましょう。



ホームページに記載の神谷さんの話ですが、
冗長になってきたのもありまして、まとめ直しました。
良かったら見てください↓
セイショー語録

楽農までの道


天候 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
天候
  1. 今後の一般的な栽培(09/24)
  2. 最近の気候 と ハウス(09/22)
  3. 連想ゲーム?(05/26)
  4. 洪水注意報?(01/25)