タイトル画像

硝酸態っていうのは?

2018.02.21(23:50) 490

神谷さんはこんなようなことを言っとったです。

「硝酸態っていうのは化学だ。
 ウチは化学は使わない、
 硝酸態っていうのは化学物質だ
 人間ってのは、化学のモノは通用せん。」






~ 

1月月例会 の1コマです。

自分の意訳。

「硝酸態イオン濃度が高くなるのは
 化学的な合成物、あるいは化学肥料に
 含まれるんだ。
 吉良商店では有機肥料メーカーで
 化学的に肥料を作るわけではない。
 化学的に合成されたものは
 人間の身体に良いワケがない。」


昨日の続きで、
硝酸イオン濃度を高くしちゃいけないってのは
分かったけれども、
かつて使っていた肥料が、
どのくらい硝酸イオン濃度が高いか分からない。
そんな風だけれども、どうしていけばいいの?
となったときに
神谷さんがこぅ答えました。

うーん、自分の理解では、
硝酸イオン濃度 は、未分解の窒素化合物で
化学肥料にだけ含まれるものではない。

すべてを神谷さんに聞いてだけ、

解決しようとするのは大丈夫なのか心配になって、

動画の後の方に少し自分が口を挟んでいるけれども、、



ぶっちゃけ、ちょっと勉強してもらった方が理解しやすいです。







硝酸イオンうんぬんではないけれども
自分なら、下記は使わないかな。
 ・窒素成分が直感として高いと感じるモノ
 ・あまり知られていないモノ
 ・値段が安すぎるモノ
 ・不快な匂いがするモノ

その肥料を撒いたところで自分が作業する、
その栄養を吸収したものを自分が食べる、
ってことが判断基準です。


キラエース,キラグリーンS,吉良有機の使用で
硝酸イオン濃度が問題になることはまずないです。
使っている農家さんが
食品分析かけた結果を見ると
異常に低い値を呈してるので。



きっかけにしてもらうのは良いのですが、

鵜呑みにしても責任負えないなぁーと

思う今日この頃です。


クワで耕すのを手伝ってもらった。












木との継ぎ目のところが変形して、





子どもが手伝ってくれるかも、、と軽いクワに新調。



耕す⇒土を茶色に変える、と理解したようです。



今後も手伝ってくれると良いな。


スポンサーサイト

楽農までの道


解読&翻訳? トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

太陽光の恩恵?

2018.02.19(23:50) 488

神谷さんはこんなことを言っとったです。


だから牛屋さんは、絶対、硝酸態を、
 生の草を食わさない。
 太陽に当てて干すと、太陽からね、紫外線が出てるの。
 あれがみんな大宇宙の要らんもんを分解するの。
 だから女の人は良い着物なんかね、
 紙に包んで桐の箪笥に入れておいても焼けちゃうの、
 紫外線は通っちゃう。







~ 

1月月例会 の1コマです。

自分の意訳。

「職業として牛を飼っている人は、
 牛に生の草を食べさせない、すべて干し草だ。
 生の草だと、硝酸態窒素過多になって
 身体によくないからだ。
 干し草、例えば、太陽光に当てることで
 質が大きく変わるというのはよくあることだ。
 着物なんかも、紙に包んで桐の箪笥に入れておいても
 すぐ劣化してしまう。」

えっと、神谷さんは
専門に作る人を「〇〇屋さん」とよく表現します。
キュウリの専業農家さんだと、キュウリ屋さんで、
肉牛や乳牛を買う農家さんだと、牛屋さんなんでしょう。

ちょっと専門でないのですが、
牛の飼料として干し草としているのは、
硝酸態を防ぐのが第一目的ではないような。。

生の草よりも、干し草が優れているのは
”効率”・”無難”が理由みたいです。

草って干すことで備蓄できるし、
生の状態に比べ 栄養素が濃縮されているので
約1/3~1/4の重量で済むし、
生の草?を食べさせ過ぎて
異常発酵⇒鼓張症ってのも映画でみたような、、、
ってのが、
これまで知りえた情報っす。

聴いているその場で頷いてても
帰って聞くと何だったんだろう??ってことよくありますよね。

硝酸態窒素過多 と 太陽光 
の因果関係は分からないし、
紫外線による劣化の話は、
例えとして適切かどうかは
もはや分かんなくなってきたし、
こじつけ?のような。

聞いてその場で頷いてても
帰って思いなおすと何だったんだろう??ってことよくありますよね。

どうせこじつけなら

牛の飼料で最も重量当たりの効率が良いのは
実は穀物で、
キラエースは穀物が主原料です。
だから、高効率で畑を良質化するぞな。



神谷先生がよく口にする”病害虫に強い新しい液体”は

販売しているのか?

という質問をよく頂きます。



結論からいうと、販売しておりません。



主に近隣のプロ農家さんに試行頂いているところで、

結果どぅなのか、販売をどうしていくか、は未定です。



神谷さんって、こうして騒ぐことを

「欲しいだろぉー?」

と意地悪に??楽しんでいるところがあって、

自分的にちょっと辟易するんわ。



新商品も旧商品も

日々、有機物から高度醗酵させ堆肥化させているところでして

原料も微生物活動も厳密に言えば、少しずつ変わっているし、

あなたが今お使い頂いている商品も少しずつ変わっているという

状況なのです。


なので、新商品は新商品で楽しみにして頂いて、

目下ご使用頂いているものもそれなりに良いモノなので、

まずは順に使い切って、

まずは日々の栽培活動をデキることでお楽しみください。

楽農までの道


解読&翻訳? トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

医者の不養生?

2018.02.16(23:50) 485

神谷さんはこんなことを言っとったです。

なぁ平気だなぁ女の人でもへいちゃらでやってくる。
 だから農家がつぶれるとね、
 だから脳の栄養を教えとる。
 すぐ医者行くだろ。
 わしゃ医者行かない。
 医者が一番寿命が短いもん。









1月月例会 の1コマです。

前半は正直分からんですけれど、、、


脳の栄養というと、
神谷さんは米食を教えていたような、、、
栄養素の名前は失念しましたが、
コメの胚芽を食べると、脳の働きを促す、と。
あと、落花生も良いと言われてました。
あ、それで、
「精米しても胚芽がとれないコメ」を食べると良いと
よく薦められるけれども、
コメ も 精米機 も こだわらないとアカンのね。

持論ですがそれよりは、これは!!という納得できるコメを
玄米で美味しく頂いた方がよっぽど良い

道案内は、道をよく見知って体験している人に聞くべきなのに
寿命の短い医者に、健康で長生きすることを聞いてどうするの?と
リアリストの神谷さんでした。

話の節々に
健康で長生き、そして長く仕事をする秘訣があると思うので
自分は、今後も聞いていこうと思っています。



お付き合い願えれば幸いです。



さて、3月から春・夏野菜の準備とすると

2月から土づくりのシーズンです。

暖かくなってから、雨降ってからでは遅いところもあり、

例年、上手な人ほど、早め早めに土づくりされてますので。



キラエースお試し頂ければ幸いです。





ちょっと不調なので

ニンジンジュース作ってみました。

IMG_20180214_nj1.jpg



IMG_20180214_nj2.jpg





低速のジューサー使うのがベストだが、

アリモノのブレンダーで。



しるっけが少なかったので

リンゴ半分足したけれども

ジュースというより、フードですわ。

でも美味しい。



楽農までの道


解読&翻訳? トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

詐欺にも負ケズ?

2018.02.15(23:50) 484

神谷さんはこんなことを言っとったです。

「その代わり脳がイカれてる。
 だから皆騙される。
 うまいことを言われると騙されやすい。
 まだ幾分か女性の脳の方が
 右と左が分かれている(から騙されにくい)。
 男はほとんどくっついてる(から騙されやすい)。
 新聞見てみな、
 いっぱい詐欺でエライ金やられてるでしょ。
 へーちゃらだもん。」







1月月例会 の1コマです。

神谷さんには
脳がひっつくだの、くっついてるだの、
お前は脳がひっついてるほうだの、

いつも騙されたように感じている筆者ですが、

詳しく聞いてみても、やっぱりわからないので、

感じているところを書いていきましょう、ハイ。



ぶっちゃけ一般論のことを言われてる思うよ。


左脳は理屈、右脳は感覚をつかさどり、
男性は理屈で物事を考え、
女性は感覚で物事を考える傾向があるそうです。
それで、左脳と右脳をつなぐ脳幹というところが
男性では細く、女性では太くなっていることから、
男性は、理屈一辺倒で考えがちになり、
女性は、感覚と理屈で対立しても矛盾することなく
意思決定できるとか。

あ、だから、前も書いたかもしれませんが、

ダジャレ言うのは男性特有の言動みたい。

同音異義語 の 意味、事象 を厳格に識別して

組み合わせるっという妙味を男性は感じやすい、とか。

だからヘタなダジャレには

男っぽいですね、と返すのがエレガントです。。

話が横道にそれましたが、どうも神谷さんは、
感覚、理屈で考えて
現実-将来を見据えて総合的な判断をするように
言われているみたい、、、。


まぁね、騙す人は、騙す努力を止めないでしょうから、
騙されないよう努力していきましょう。


話しは変わりまして、騙されたと思って
キラエース を試して頂ければ幸いです。



というのは3月から春・夏野菜の準備とすると

2月から土づくりのシーズンです。

暖かくなってから、雨降ってからでは遅いところもあり、

例年、上手な人ほど、早め早めに土づくりされてますので。



いつもながら強引な流れにつきあって頂き幸いです。





ホテルで食したフレンチトーストが絶品だから、

少しでも食材にこだわろうと

自分でパン焼いて、

豆乳、粗糖、EM(食品の置いてあるところで買った)タマゴで作ってみました。


IMG_20180211_french.jpg





結果、子どもは食べてくれたんですが、ホテルの方が断然ウマイ。

お茶でもコーヒーでも他人にやってもらった方が

美味しいこと多いよね、、、と他人に一票入れることになりました。



懲りずに美味しいモノ作ろ。

楽農までの道


解読&翻訳? トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

越冬害虫が?

2018.02.11(23:50) 480

神谷さんはこんなことを言っとったです。

今の農家は全部なくなる。
 それと昔は外国との取引がなかったから。
 日本は季節が夏があって冬があって、
 春があって、、
 だから害虫が死ぬじゃんねぇ。
 夏の虫が寒いと(冬を)越せんじゃんねぇ。
 そぅすると農業にはすごくいいじゃんねぇ。









1月月例会 の1コマです。

旧くから農家をやっている人にとって厳しいのは
環境がより厳しくなっていること、

交易が盛んになることで
より繁殖力の強い 外来の種 や 害虫が入ってくるし、
これまで冬越しできずに死に絶えた害虫も
温暖化ともあいまって冬越ししてしまう、
そんな環境の中、
今までより良い生産物を作っていかないと
淘汰されてしまう、

と警鐘をならしています。

うーん、前回の機械化のこともですが
難しいことは分かりませんが、
できることをできる範囲で続け、
健康に暮らしていきたいと思っています。



ハウスの風景です。

IMG_20180205_house5.jpg




忘れてたけれども
雨除けのところで2か所以上
ホウレンソウを作っています。

ハウスだからか、放っておくと
めちゃくちゃ大きくなるんですね。

売られているサイズ以下のものの方が
使いやすい(冷蔵庫に入りやすいし、硬くない)んだなぁということが
扱ってみて、よーく分かりました。

楽農までの道


解読&翻訳? トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
解読&翻訳?
  1. 硝酸態っていうのは?(02/21)
  2. 太陽光の恩恵?(02/19)
  3. 医者の不養生?(02/16)
  4. 詐欺にも負ケズ?(02/15)
  5. 越冬害虫が?(02/11)
次のページ
次のページ