タイトル画像

葉面散布で水分調整?

2016.12.05(23:55) 46

IMG_20161115y.jpg




神谷さんは、こんなようなことを言っとったです。

ほどよく実をつけたいのなら、
 夕方に、冷やす。
 アンタでも日中、川に飛び込んでも平気だが、
 夕方だと一番冷えるだろ?
 もし炭水化物をたくさん作らせたいなら、
 朝に葉面散布をする。
 まぁ、水をかけるだけでもいいんじゃが、
 薄めた液体をかけるのが一番じゃ。
 植物ってのは、葉が濡れていないと
 良い仕事をせんのじゃ。
 酸素を使うのに、人間とか動物は鉄イオンを使うが、
 植物はO1(オーワン)という水を使うから。
 週1回決めて、きちんとやる。
 やったりやらんだりしてしまう人なら、
 毎日葉面散布をした方がいい。




ハイ、水分調整の続きで、”葉面散布”の話です。

満月の日は、大気中の湿度が高いから植物の生育が良い、
神木 など、自然に立派な植物が育つ場所は、
霧の発生する場所が多い、
のを例示して、
霧状の水をかけるのがいいとおっしゃってました。

「わしゃ、日中も夜も川に飛び込むのはイヤだけど」
と例え話の腰を折ることもできましたが、
さらに話が飛びそうなので止めました。

動物が酸素を使うのには、
血液中のヘモグロビンを使いますね。
植物は、神谷さんに言わせると
O1(オーワン)という霧状の水を使うとのこと。
 
薄めた液体ってのは、液肥の希釈液のことで
純水をかけるよりは、多少エンや養分が入っているので
植物に良いと思います。

葉面散布は
植物の状態を見ながら調整するのですが、
やり方により差が出るので、
分からない人は週1で決まった曜日にやれば、
週1で決まってやれないくらいなら毎日でもいいよ、
と言われてます、ハイ。

この後隣人と
「週1でやり忘れちゃう人だったら、
 毎日はやれんよね、時間的、金銭的に。」
ってなりました。

えっと、何度がやってみて、
おぅ、こりゃ効果あるかも、、って思えるまでは
欠かさずやってください。
効果を感じれば、続くでしょう。
スポンサーサイト

楽農までの道


葉面散布 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
葉面散布
  1. 葉面散布で水分調整?(12/05)