タイトル画像

ホウレンソウも違うんだ?

2017.10.26(23:50) 372

神谷さんはこんなようなことを言っとったです。

ホウレンソウの蒔き方は知っておられる?
 アンタ蒔いてくれたホウレンソウねぇ、
 よぅ生えたよなぁ、キレイにねぇ。







9月の定例会の1コマです。


キュウリに次いで、ホウレンソウの話です。

神谷さんのところに積極的に来られる人が、
蒔くのを手伝っているのですが、
キレイに生えそろっています。

具体的な蒔き方の話は、


なし。


一度、本人が蒔かれるのを見たことがありますが、
一言でいうと”何でも満遍なく”っていうのが
ポイントなのかもしれません。

あ、タネは業務用が良いのは
言うまでもありません。




スポンサーサイト

楽農までの道


ホウレンソウ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

玄関口でホウレンソウ

2017.09.30(23:50) 346

神谷さんはこんなようなことを言っとったです。

ホウレンソウなんてものは
 昔は放っておければできたもんだった。
 今はどうだ。
 放っておくとムシだらけだ。
 品種のせいかもしれん。


その後、

今の野菜は品種改良が進んだのか、
 ほんのちょっと環境が変わると
 病気になったり、ムシが寄っちゃう。
 逆に、デキるときは
 ものすごく良いものができる。


言われてました。



ホウレンソウ、確かに昔は各家庭で簡単にできたようで
あんまり有難みがなかったような。。

自分的によく直面する問題は、
害虫でいうとヨトウムシ、
病気でいうと 立ち枯れ、
一番多いのが、
理由は分からんけれども発芽不良です。


これといった根本的対策はないけれど
土を水はけよく、
適度に元肥を混ぜて起こしてから
蒔くと問題少ない気がするなぁ。

元肥にちょっと「P208」を混ぜた方が良いです、
自分は。


ほぼ毎年のことなんだけれど、
神谷さんに頂いた鉢土で
玄関口で葉物を作っています。
半分日陰だけど、それなりにできるのさ。
問題が少ない理由なんだけれども、
恐らく、ヤシの実のチップを炭化させたものが
混ざっているから、だと思っています。

今年は、ホウレンソウ。
自家採種したものを蒔いたのさ。

IMG_20170926_houren.jpg


雌株とか雄株とか、育ててから知ったけれど
放っておいたら、タネっぽいものができたので
6月にとりおいたのさ。

この状態で、嫁は、お世話になっているご近所さんに
「できたら勝手にとってって良いですよ」
なんて強気に言っちゃってる。

ご近所の人を失望させない?よう、
見守ろう。

楽農までの道


ホウレンソウ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

まっくろけ の 水?

2017.09.28(23:50) 344

8月の定例会にて、
神谷さんはこんなようなことを言っとったです。

茹でるじゃんね、
 ほぅすると、あのぅ、害のある野菜は
 まっくろけの汁がでてきちゃう、
 それをシュウ酸というね。






ホウレンソウの話ですわ。
今日は、そのまま口語で書いたった。

チッソ過多で育てたホウレンソウは
シュウ酸 や 硝酸態窒素 を 多く含んでるので
あく抜き、要するに、下茹ですると
水がスゴイ汚れる
って言ってますねぇ。

チッソ過多になると、
葉の緑色が濃くなる傾向があるのですが、
この濃さ のことを まっくろけ と 言っとるじゃないかな。


今どき、まっくろけ って あんまり言わん。
なんだか なつかしい ひびき、 
まっくろけ と 小声で言ってみる。

シュウ酸は、カルシウム や 鉄 の吸収を阻害するのね。
せっかくイオン化されているカルシウムや鉄と
結び付いてしまうから。

そして硝酸態窒素は、発がん や 酸欠 の
恐れがあります。
これらが害で まっくろけ なのであります。

下茹でのあく抜きってこれらの害を
水に流すためやってるところもあるんですね。

だのに
茹で汁がもったいないって飲食しちゃうと、
この苦労が  まっくろけ ? です。


で、こぅなる理由の1つがチッソ過多です。
ホウレンソウって肥料が多く必要な野菜ですが、
即効性のチッソの施肥については
収獲前は控えると良いですよ。


ホウレンソウ
チッソ過多では
まっくろけ

まっくろけ って連発してますが、
記憶に定着させたいがため、でもあり
書きたいだけでもあります、
そこんとこよろしく。

楽農までの道


ホウレンソウ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

ホウレンソウは水ナシで?

2017.09.09(23:50) 325

神谷さんはこんなようなことを言っとったです。

水をやったとしてもちょっとなんだ。
 そうすると根が真っ赤で
 キレイなホウレンソウができる。
 水をやってしまうと黒くなる。
 ホウレンソウはタネまいて、
 ちょっと生えたときまでやったら
 水なしだ。






ホウレンソウ栽培のコツを
お話しされています。

水遣りを控えるように、、ってのは
もぅ、そればっかりヤンっていうくらい
何回も言ってたなぁ。







自分も発芽後に水を控えた方が、
キレイなホウレンソウができるってのは
体感しました。
自分だと、発芽させるまでが
難しいかなぁ。


あ、関連することで
散水の水滴サイズは小さい方が良い、
とプロの葉物農家さんが言ってました。

水滴が大きいと、土を叩いて固めることもあるし、
ムラができやすいし、
植物にもストレスが小さいので。

分かってはいますが、散水設備って
それなりに高そうですよね。


楽農までの道


ホウレンソウ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

3年以上の連作?

2017.09.05(23:50) 321

神谷さんはこんなようなことを言っとったです。

□□さんに聞いてみな
 ホウレンソウを3年連作してる人なんて
 一人もいない。
 土がいや地現象が起きてしまうと、
 もうできん。







いや地現象って知ってる?

ウィキペディア によると
連作障害の旧い言い方で、
漢字だと、忌地、厭地とか書きます。
(原因とか対策とかも載ってます)

連作障害については、
ブログで散々書いてますね。






ホウレンソウって、連作どうなの?って調べてみると。

例えばYOUTUBEに
土壌改良資材を利用したほうれん草連作障害軽減に向けた取り組み
で、概要を知ることができる。
これは、ポーマンという土壌改良剤を試験した場合の報告。





資材代は、10アールで28,200円かかって、
土壌消毒に比べて安価とは、ありました。

吉良商店資材 だと土壌改良に相当するのはP208で
P208 5袋だと、18,900円。

(言うまでもないですが、
 斜め見た感じでの単純な金額だけの比較。
 その他、詳細な条件違い等ありますよ)

家庭菜園の人はあまり馴染みないかもしれませんが
5年や10年など長い期間で
どうにも作れなくなるような怖い連作障害が発生することがあって、
プロの方にとっては、それが恐ろしいのね。
ちなみに、プロのキュウリ栽培なんかだと
なんかは40年以上も連作している、実績あります。。

つーことで、良かったら P208 を試してみてください。

楽農までの道


ホウレンソウ トラックバック(-) | コメント(3) | [EDIT]
ホウレンソウ
  1. ホウレンソウも違うんだ?(10/26)
  2. 玄関口でホウレンソウ(09/30)
  3. まっくろけ の 水?(09/28)
  4. ホウレンソウは水ナシで?(09/09)
  5. 3年以上の連作?(09/05)
次のページ
次のページ