タイトル画像

ロックウールも?

2017.05.28(23:55) 221

IMG_20170414_break.jpg


神谷さん(以下、K)とキュウリ農家さん(以下、N)、
こんな掛け合いしとったです。

K「ロックウール(水耕)ってのはいいぞ。
  トマト農家の××が連作障害なのか、
  農薬代ばかりかって、いよいよどうにもならんっていうから
  ロックウールを奨めたんだ。
  したら腐るようにできる。
  同じ面積で倍収獲できるんだ。
  あんたところのキュウリなら
  (10アール当たり)30トンが、倍の60トンは獲れる。


N「要らん要らん、倍もとれんでもえぇわ。
  面積半分で今の量の方がいい。」

K「▽▽代も1/10なんだ。

N「1/10か、そりゃいいなぁ。」


コレの続きの会話ね。





ロックウールって分かる?

簡単にいうと水耕栽培。
知らない方のページですが、これが分かりやすい。

神谷さん、水耕の話をしなかったけれど、
「土耕じゃ収量は出ん」と
この場ではおっしゃってました。

そして、農家さん。
倍の収量がとれたら困るって感じでした。
人とかいろいろな管理を踏まえると、
量 より 効率を求める、ということでしょうか。
そして、コレだけ?の情報では、
乗り換える気配はなさそうでした。

にしても、神谷さん、土づくりの重要性をよく言ってるから、
水耕栽培は、眼中にないと思ってたら、
そうでもないみたい。
守備範囲広いなぁ。


ねっとりイモについて、
芽が大きくなってきたのでネットをつけました。

IMG_20170517_net.jpg


え?
なんでネットをつけるのか?って。
そりゃーネットりイモだから。

いやいや、つる草系の植物なので
からまる頑丈なものを作ってあげると
そこに巻き付き、風に煽られても傷つかずに
旺盛に育っていくんです。
あ、後半は願望も入ってます。

コンテナの上に樹木が伸びてきているので
そこに絡みつけば(放任できて)いいなぁ、
と思っています。
スポンサーサイト

楽農までの道


解読 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

露地なればこそ?

2017.05.27(23:55) 220

IMG_20170414_break.jpg


神谷さんは、こんなようなことを言っとったです。

露地ナスなんてのは、3日おきに消毒だ。
 露地は設備代が少なくて済むのに、
 消毒代ばかりかかるもんだから、
 ハウスで作るものとコストが変わらない。


へぇー。
分かるかなぁ。
きちんと管理することを考えると
ハウスの方がラクってこと?
設備がしっかりしていれば
そうコストも変わらない、
技術差が出ない、とも言えるのかなぁ。



そういえば、神谷さん、
信じられないかもしれないが、
 これからはハウス野菜よりも
 露地野菜の方が高くなるよ。

とも言われてました。

ふーん。
ホントなら、露地で良い野菜が作れる人は、
今まで以上に重宝されるかもよ。

そんな情勢なのに栄養価が高い野菜が
 盆栽のように作れちゃったら、
 そりゃースゴイことだろう?


と盆栽式野菜についてを語ってましたよ。




そりゃーすごいね。
盆栽 ってじじクサイけれども、イメージが払拭される?

凡才でも作れる盆栽なんだけれども、決して凡菜ではない?

凡才の、凡才による、凡才のための盆栽?

なんかしっくりこないなぁ、
アナタが、ウマいことネーミングしてくだされ。

楽農までの道


世の中 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

連想ゲーム?

2017.05.26(23:55) 219

IMG_20170515_shukai1.jpg


神谷さんはこんなようなことを言っとったです。

二酸化炭素が多くなると、
 大気に蓋をしてしまうんだ。
 すると、夜になっても冷えにくくなる。
 水の温度が上がる。
 雲と雨が多くなり、台風などどんどん大きいものができる。
 集中豪雨が多くなる。

 




そればっかりやん!と、わしゃー
耳にタコができるくらい聞きました。





しかもね、コレ、
「水を軽くするって言われているのは
 どういうことなんですか?」
についての答えなの。
スレ違ってるでしょ。

君たちね、水っていうのは、
 非常に重要なんだよ。
 生物のほとんどが水でできている。
 みな水というものを研究しないかん
。」
から始まって、
そしてね、水というモノは
 温度によって重さ、というか、
 状態が(徐々に)変わるんだ。

になって、
なんでぇ?水っていうのは
 温度が上がると軽くなるだろう?
 そしてじゃんじゃん雲ができるんだ。
 最近は、二酸化炭素が多いというのが
 問題になっている
。」
につながっていったのさ。


連想ゲーム?
合間合間に違うことも入ってくるし
初めて聞く人は当惑する思うわ。



さて、冒頭の発言について
細かな要因とかは、そうかどうか分からない。
夏が暑くなり、気象変動が激しくなり、
とにかく風が強くなって、
栽培初期の風除けが以前よりも必要度が増したかな、
自分の場合。

皆さんはどぅ感じますか?

このような環境下で自分の望むものを作ろうとすると
気象変動に負けない土づくりが重要になってきますね。
で、やっぱ キラエース は、土を作って、
作物を頑健にすると思うよ。

楽農までの道


天候 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

アナタもカブをあげた?

2017.05.25(23:55) 218

先のブログでなぜかカブを持ってる神谷さん。

IMG_20170515_kabu.jpg


あれは、栽培はまるっきり初めての人が
試しに作ってみたら
こんなリッパなカブが出来ましたオドロキです、
とワザワザ山口県から持ってこられた。

神谷さんは
シロートの人は
 なかなかこんな立派なモノはできんもんだよ、
 カブってのはダイコンよりも栄養があるんだ。
 干すとさらに栄養価が高まる。
 唯一の弱みは、畑に長く置けないこと、
 すぐに固くなって食味が悪くなるからね。

とカブにまつわるイロイロ話にスイッチが入ってました。

作られた方は、波動? が分かる方。
キラエースは、良い波動をもっているけれど
ノイズが大きいので補正しながら使い作ったんだよーーって
全然、栽培ではない話。
んなもん聞いても、知らんがな。

「地元はシャッター街が多くて、
 じーさんばーさんが、ヒマしている。
 ラクに、こんな良い野菜ができるのを知ったら
 そりゃー、やりますよ。
 子どもら、孫ら、さらには地域にとって
 こんなに良いことはないから。」
とユメを語ってくれました。

ハイ、頑張ってください。

農業のことなどほとんど知らない、
(農業に対する先入観があまりない)が
試しに作ってみたら上手にデキた、と
ハマる?方が多いです。

あ、波動の方?が言われてましたが、
作り手の気持ち、何しろアナタが大事みたいですよ。


先のブログの締めと同じで
クドイけれど、そこんとこよろしくぅ。

楽農までの道


カブ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

チッソ、リン酸、カリの匂い?

2017.05.24(23:55) 217

IMG_20170515_kabu.jpg


神谷さんはこんなようなことを言っとったです。

私はチッソ、リン酸、カリの匂いを出させないことを
 研究しているんだ。
 それらの匂いにつられ害虫は来るのだけれど
 匂いがなければ、近づけないはずだから。








ムシっていうのは
視覚より嗅覚が発達しているモノだと、自分は思っています。

と偉そうに書いてみたけれど、
息子と観ていた、カブトムシの教育番組で
夜行性で眼が見えにくいにも拘わらず
なぜ樹液を効率よく探せるのか、
それは嗅覚が発達しているからだよってのを
へーーーって見てただけ。

感覚って生存するために、発達してきたところがあるから
その感覚を逆に利用しちゃえってのは
防除の基本的な考え方。

にしても
チッソ、リン酸、カリの匂いってどんなんだろうね?
ムシよりも嗅覚の弱い人間のやることだから、
嗅覚を数値化、測定した方がよさそうです。
酒気帯びの呼気検査を思い出したけど、
匂いって空気中に拡散するもの、
何だか、とんでもなく面倒くさそう、
イヤ、大変な気がしてきました。
神谷さんの研究に任せよ――っと。


さて、チッソ、リン酸、カリで思い出したけれど、
美味しい作物を作ろうと思ったら、
それ以外の要素、が効いてくるのかなぁ、
なんて自分は思っています。
名水といわれる美味しい水は、微量要素が豊富だしね。




キラエースキラグリーンS吉良有機
3者で比べると、
キラエースって3要素の含有率が最も少ないんですわ。
キラエースで作った作物が一番美味しい気がするんだけれども
それ以外が効いているのかなぁと、自分は思ってます。


こういうことを書くと、
資材が(勝手に)作ってくれるみたいだけれども
それなりにお世話も要りますから、
微量要素よりも アナタ という要素の方が効きます、ハイ。

楽農までの道


害虫 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
最近の記事
  1. ロックウールも?(05/28)
  2. 露地なればこそ?(05/27)
  3. 連想ゲーム?(05/26)
  4. アナタもカブをあげた?(05/25)
  5. チッソ、リン酸、カリの匂い?(05/24)
次のページ
次のページ