タイトル画像

水清ければ魚棲まず?

2017.09.19(23:50) 335

神谷さんはこんなようなことを言っとったです。

魚は自分の体内では酸を作れない。
 水の中の青藻を食べて自分の身体を守る。
 透き通った水では魚が死んでしまう。
 透き通った水だったら急流で藻が茂っているところでない
 生きてといけない。








魚は体内で酸を合成できない代わりに
アオモを食べて自分の身体を守る?

透き通った水では魚が住めない?

うーん、そうなんでしょうか?
割と専門に勉強していたはずなのですが、
バックデータなく、検証できません。

そういやー、以前から、神谷さん
魚の苦みが免疫なんだー、
言われているけれど、そうなのかしらん?






なぜ魚の胆のうが苦いか?に思いを馳せれば

消化器官の液っていうのは臭いのが普通だろうとは、
なんとなく思う。

だって、消化って
食べ物を分解し、要るものは養分に
要らんものは糞にして体外に出すんだけれども、
要るもんはすぐ使われていくだろうから
要らんものが残ることになり、
それが多ければ臭くなる気がするやん?


そう思いを馳せると
クサい、クサくない?は単なる結果であって、
ぶっちゃけ、好みにもよるだろうし、
健康とは、あまり関係ない気がするんだなぁ。


もちろんバックデータあれば、気が変わるかもね。
スポンサーサイト

楽農までの道


解読&翻訳? トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

酸と免疫エトセトラ?

2017.09.18(23:50) 334

神谷さんはこんなようなことを言っとったです。

酸がなければ、大宇宙はばい菌だらけ。
 体内でも酸を作れるようなものを
 食べないといかん。
 酸で身を守るんだ。
 だから、300~500倍の葉面散布をしていると
 (雑菌がはびこらないから)病気が出ない。
 それを免疫という。







前記事の最後で
「土だけじゃなくて、人間もそうだよ」
言ってたけれど、その続きね。


自己保存のため、酸で身を守るんだ、
言われています。


前もこれでもかーーと
酸の重要性を言われてましたよ。







これが免疫!!
って言われてますが、
これ が何を指すのか、
免疫という言葉の定義もさることながら、
あんまりよく分からないんだよねぇ。

だから、イメージ的 に
そして一生懸命言われているから 勢い的に

酸ってカラダに良いかも、、

って ふんわり と受け止めてます。


さてさて、秋に近づいていくんだけれども、
我が家のカブトさんは元気。

IMG_20170917_kabu.jpg


育てていてこんな長生きしたのは初めて、と思ってたら
カキの落ちたものにクワガタを発見。

IMG_20170915_kuwa.jpg


子どもと捕獲しにいった木にいくと
カブトの姿はないですが、
クワガタをみることができました。

IMG_20170915_tree.jpg


逃がしたと思しきモノ もいて、再会。

そんな横で、子どもが、
「初めて自力でバッタがとれたーー」と
喜んでいる。

経験する季節って、自分の年齢の数だけ。
また逢おう。


楽農までの道


解読&翻訳? トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

連作障害、pH上昇エトセトラ? 

2017.09.17(23:50) 333

神谷さんはこんなようなことを言っとったです。

連作障害があるから、儲からん。
 誰がやっても1、2回はよくできる。
 本格的に継続してやるとできない。
 土のpHはどんどん上がっていく。
 上がっていくとまず病気が出る、
 それから育ちが遅れる。
 うちで作るコエは反対で続けるほど
 pH5~6になっていって、良いんだ。
 他の肥料は土がアルカリになっちゃう。
 アルカリになっちゃうとリンやマグネシウムや
 カルシウムが効かない。
 それらはアルカリだもんね。
 アルカリ性の畑にアルカリを撒いても効かない。
 そうなるとフザリウムとかが出てくる。
 育ちが遅れる原因はこれらだ。







また連作障害の新説かな。






連作していると、アルカリ性になるから
病気が出やすいって、


なんだか、連作障害の定義も曖昧だから、
その対策も曖昧というか、言ったモン勝ち?


どうなんでしょ。
しかーし、

・畑にアルカリが累積してしまって、
 あまり効かない、
・酸性土壌ほど効きやすい
ってのは、聞いたことがあります。

まぁ、難しいことはさておき、
良かったら キラエース 等をお試しあれ。


アナタが続けて作ったときに障害が、
つまり、連作障害なわけで
感じなければ幸いです。
しょうがないではなくネ。

楽農までの道


解読&翻訳? トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

3月獲りのダイコン?

2017.09.16(23:50) 332

神谷さんはこんなようなことを言っとったです。

御前崎の方は
 正月過ぎに蒔くダイコンだから
 キレイなんだ。
 こちらは秋蒔きだから日が経ってるから
 生地が悪い。
 3月になって、
 あいつ方が出てくると止める。






以前ブログ の復習?

神谷さんとお話ししてると、
非常に 勝負勘 がある人だなぁと感じます。

今は、肥料製造をメインにおやりになっていますが
本人いわく、40歳過ぎまでは大規模な生産者。
神谷農園という屋号?で
”ダイコン、ジャガイモ、何でも知らんもんはなかった”
とのこと。

いくら自分が得意なものでも、
自分が出そうとする市場で他に勝てるか、が
重要だよ、と。

大きな市場であれば
産地による気候差があるので
適地適作を、


産直ならば、他ではできないことで
勝負することを奨めていますよ。


神谷さんって、農産物を作って売るよりは、
肥料を作ることで勝負しているのかも、
しれませんね。



春どりのダイコンって、難しいっすよね。
春蒔きダイコンのタネを使ったはずなのに、
トウ立ちしたので。



楽農までの道


解読&翻訳? トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

タマネギ葉面散布のススメ?

2017.09.15(23:50) 331

神谷さんはこんなようなことを言っとったです。

葉面散布について
 数多くやるほど、(生育が)進んでいく。
 その調整もできる。
 寒い時に散布すると
 温度が2℃くらい違ってくる。





先の葉面散布について、の補足説明?

拡大解釈すると

葉面散布の回数を増やすほど
生育が進む。
寒い時に葉面散布すると
葉面温度が2℃くらい上がるから、
寒さの対策になるって言われてます。



葉面散布の数と生育(例えば葉数、葉長)を
しっかり検証したわけでない。

やればやるほど生育が進むならば、
通常の2倍やれば半分の期間で済むのか、
だと、ちょっと違うような気がする。

2℃くらい違ってくるというのも、
どこをどうやって測定したのかが分からない。

とはいえね、

葉っぱとかこぅ見た感じ、
勢いがついているような気がします。
特に 若葉の里2号 の希釈液を
葉面散布したときなんかわね。

良かったらお試しあれ。

楽農までの道


タマネギ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
最近の記事
  1. 水清ければ魚棲まず?(09/19)
  2. 酸と免疫エトセトラ?(09/18)
  3. 連作障害、pH上昇エトセトラ? (09/17)
  4. 3月獲りのダイコン?(09/16)
  5. タマネギ葉面散布のススメ?(09/15)
次のページ
次のページ